メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2003年12月17日

ICANNがスポンサー付き新gTLDの申請募集を開始

 2003年12月15日、ICANNは、 特定の業界・分野内に運用を制限したスポンサー付きgTLDの導入に向けて、 申請募集を開始しました。

 ICANNでは、スポンサー付き新gTLDの申請希望者を対象に、 申請に関する詳細事項を記載した提案要請書(Request for Proposal: RFP)を発表し、 2004年3月15日までオンラインでの申請を受け付けています。

 申請受付期間終了後、 独立した評価チームが所定の選定基準に照らして申請書を評価・選定し、 選定結果をICANNに提出するということです。

ICANNからのアナウンス(2003年12月15日)

ICANN Releases Request for Proposal for Sponsored Top Level Domain Names

スポンサー付き新gTLDの提案要請書(RFP)

Part A. Explanatory Notes
Part B. Application Form
Part C. Business Plan
Part D. Financial Model
Part E. Technical Specification
Part F. Application Checklist


申請に関する詳細事項(RFP "Part A. Explanatory Notes"より)


申請料

 US$45,000(返金不可)

スケジュール

2003年12月15日---提案要請書(RFP)の掲載/質問受付期間開始
2004年 2月27日---質問受付期間終了
2004年 3月10日---申請料支払期限
2004年 3月15日---申請受付締切
2004年 3月19日---提出された申請書に関する一般からのコメント受付期間開始
2004年 3月30日---提出された申請書に関する一般からのコメント受付期間終了

選定基準


○スポンサーシップに関する情報

  1. スポンサー付きTLDの対象となるコミュニティの明確化
  2. スポンサー組織からの支持があることの証明
  3. スポンサー組織およびポリシー策定環境の適切性
  4. コミュニティからの支持の度合い

○事業計画に関する情報

  1. 事業計画
  2. 財務モデル

○技術標準

  1. 安定的レジストリ運用を確実に行う能力があることの証明
  2. レジストリが、ベストプラクティスとされるレジストリ運用のための技術標準に確実に適合する能力があることの証明
  3. レジストリとして必須となるすべてのサービスを提供できることの証明
  4. レジストリが倒産した場合におけるレジストリ運用継続の保証

○コミュニティにおける価値

  1. インターネットの名前空間に新たな価値を追加
  2. 他者の権利の保護
  3. チャーターに準拠した登録、および不正登録行為の回避の保証
  4. 適切な紛争処理メカニズムを保証
  5. ICANNポリシーに準拠したWhoisサービスの提供

○申請要件の順守


<参照>
ICANNがスポンサー付き新gTLDの選定基準(案)を発表(2003年3月27日)

ICANNがスポンサー付き新gTLDの提案要請書(RFP)案へのコメントを募集中(2003年7月24日)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ