メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2004年2月2日

JPRSとIIJが運用するJP DNSサービス(「a.dns.jp」、「d.dns.jp」)に
IP Anycast技術を導入
-高品質サービス、耐障害性などJP DNSの信頼性がさらに向上-

 2004年2月2日、 株式会社日本レジストリサービス(JPRS) と株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、 JP DNSのさらなる信頼性の向上を目的に、 6組織が分担し運用しているJP DNSサーバ(a~f.dns.jp)のうち、 JPRSが運用する「a.dns.jp」とIIJが運用する「d.dns.jp」のサービスに、 IP Anycast技術を導入したと発表しました。

 IP Anycast技術の導入によって同じ名前を持つ DNSサーバを複数拠点に分散配置することが可能となり、 高品質サービスの提供、高負荷への対応、 耐障害性の向上などの効果が得られるようになります。

 詳しくは下記をご覧ください。

JPRSプレスリリース(2004年2月2日)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.