メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2004年5月21日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

第17回APNICオープンポリシーミーティングでのコンセンサス事項における
APNICポリシーへの適用について

拝啓 時下ますます御盛祥の事とよろこび申し上げます。

 このたび、第17回APNICオープンポリシーミーティングにてコンセンサスが得られた提案のポリシーへの適用が、APNIC Executive Council により承認されましたことを御案内申し上げます。承認された内容は、下記「APNICでの適用時期」よりAPNICポリシーとして有効となる予定です。

 本承認内容の、JPNICポリシーへの適用につきましては、NIRにて「同じポリシーを適用することが求められる」ものを除き、7月8日に開催する第6回JPNICオープンポリシーミーティングでの議論を踏まえて検討を行う予定です。この機会にJPNICオープンポリシーミーティングへも是非御参加ください。

敬具

APNICポリシーへ適用される提案

[1] IPv4アドレスにおける最小割り振りサイズの変更
(prop-014-v001: A proposal to lower the IPv4 minimum allocation size and initial allocation criteria in the Asia Pacific region)
APNICでの適用時期: 2004年8月
NIRによる適用 : NIRのオープンポリシーミーティングで実装する方向で提案することが求められる
[2] IPv6における接続性のないネットワークへの割り振りについて
(prop-015-v001: Should APNIC allocate global unicast IPv6 address space to 'unconnected' networks?)
APNICでの適用時期: 2004年5月14日(施行済)
NIRによる適用 : 同じポリシーを適用することが求められる
[3] IPv6アドレス割り振りにおけるIPv4インフラストラクチャの考慮
(prop-016-v002: IPv6 allocations to IPv4 networks)
APNICでの適用時期: 2004年8月
NIRによる適用 : 同じポリシーを適用することが求められる
[4] 利用されていない歴史的経緯を持つIPv4アドレスの扱いについて
(prop-017-v001: Recovery of unused address space)
APNICでの適用時期: 2004年8月
NIRによる適用 : NIRのオープンポリシーミーティングでの議論を基に、独自に適用の決定を行ってよい
[5] 歴史的経緯を持つ資源の更新権限の変更について
(prop-018-v001: Protecting historical records in the APNIC Whois Database)
APNICでの適用時期: 2004年第4四半期
NIRによる適用 : NIRのオープンポリシーミーティングでの議論を基に、独自に適用の決定を行ってよい

参考情報

○ポリシー提案の内容
『第17回APNICオープンポリシーミーティングでのコンセンサス事項のご紹介』
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2004/20040305-02.html
『APNIC policy proposals』(英文)
http://www.apnic.net/docs/policy/proposals/index.html
○APNICにおけるポリシー策定プロセスについて
『APNIC policy development』(英文)
http://www.apnic.net/docs/policy/dev/index.html
○第6回JPNICオープンポリシーミーティングの概要・お申し込み
『第6回JPNICオープンポリシーミーティング開催のご案内』
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2004/20040408-01.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ