メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2004年10月15日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICオープンポリシーフォーラムによる
コンセンサスに基づくポリシーの適用について

拝啓 時下益々ご盛栄の事とお慶び申し上げます。

 2004年8月にコンセンサスの最終確認が得られました第6回JPNICオープンポリシーミーティングでのポリシー提案について、 IPアドレス検討委員会より実装勧告を受けJPNICによる検討の結果、 JPNICポリシーとして2004年11月15日より適用いたしますことをご報告いたします。

敬具

実装を行うコンセンサス

 以下のポリシー提案を、最終的なコンセサスの通り、適用いたします。

  1. JPNICにおけるポリシー策定プロセス
     最終的なコンセンサス: (JPNIC-IP-USERS 864)
  2. 歴史的経緯を持つPIアドレス情報における更新権限の明確化および認証強化
     最終的なコンセンサス: (JPNIC-IP-USERS 865)
  3. m.[運用責任者]の定義の変更
     最終的なコンセンサス: (JPNIC-IP-USERS 866)
  4. AP地域におけるコンセンサスの日本での適用について
    • JPNICデータベースにおける割り当て情報非公開の選択
    • IPv4アドレス初回割り振り基準・最小割り振りサイズの変更(報告事項)
    最終的なコンセンサス: (JPNIC-IP-USERS 867)

参照文書

 一部の実装につきましては、JPNIC文書に反映し、公開しております。 詳細につきましては以下のURLをご参照ください。

「2004年11月15日より施行予定のJPNIC文書」
http://www.nic.ad.jp/ja/ip/doc/20041115.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ