メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2005年1月7日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

APRICOT 2005早期割引申込締切迫る!

 JPNICが協力団体となっておりますAPRICOT 2005(2005年2月18日~25日、 於:国立京都国際会館) の早期割引申込の締切が迫っておりますのでご案内申し上げます。

早期割引申込期間 2005年1月12日(水)まで

APRICOT 2005日本実行委員会開催事務局からの詳細案内は下記の通りです。


……………………………………………………………………………………………
    ◆   早期割引申込締め切り間近!登録はお早めに<2005.1.7>   ◆
……………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

       ネットワーク業界ではアジア最高峰に位置する国際会議

                        ◇ APRICOT 2005 ◇

           「世界をリードするフロントランナーとしてのアジア」
  アジアで発展してきたインターネット業界の最新技術・動向をテーマに、
  技術・ユーザの両面から世界に参照されうるプログラムをご提供いたします

                    http://www.2005.apricot.net/ja/

            2005年2月18日(金)~25日(金)   国立京都国際会館

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ、APRICOT 2005の開催が来月に迫ってまいりました。Webサイトのプ
ログラム紹介も充実してきております。

1月12日(水)が、早期割引の参加申込期限となっておりますで、参加登録はお
早めにお願いいたします。



━ T┃O┃P┃I┃C┃S┃ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

[1]  事前登録受付中!
         ~ 早期割引〆 2005年1月12日(水)!登録はお早めに~

----------------------------------------------------------------------

[2] 基調講演決定!
   業界トップ・最先端の方々による注目の「キートラック」◆同時通訳付き◆

   慶應義塾大学 環境情報学部 教授
   村井 純

   パナソニック コミュニケーションズ株式会社 代表取締役副社長
   水谷 幹男

----------------------------------------------------------------------

[3] APIPv6 Technical SummitをAPRICOTのプログラムとして開催!
         ~ 毎年好評の「IPv6 Technical Summit」がAPRICOTで実現 ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


……………………………………………………………………………………………
[1]  事前登録受付中・早期割引締切り間近!
         ~ 早期割引〆 2005年1月12日(水)!登録はお早めに ~
……………………………………………………………………………………………

  ▼事前登録はこちら
   → http://www.2005.apricot.net/ja/registration.html


……………………………………………………………………………………………
[2] 基調講演決定!
   業界トップ・最先端の方々による注目の「キートラック」
……………………………………………………………………………………………

【基調講演】

慶應義塾大学 環境情報学部 教授
村井 純

題名「Internet 2005: アジア太平洋地域における使命」

[概要]
インターネット・テクノロジーは、新規の主要マーケットやそれに関する必要
事項に直面している。電子機器、電子センサー、RFIDが職場や家庭に普及し、
インターネットからアクセス可能なユビキタス・コンピュータ環境が広まって
きている。またビデオストリームやオーディオストリームにより、VoIP、テレ
ビ会議やテレビのようなブロードキャスト媒体といった非常に実用的なマーケッ
トが広まりつつある。様々なアプリケーションや、エンド・トゥ・エンド通信
での非常に短いRTTを正確に要求してくるネットワークゲーム環境のようなア
プリケーションの双方向性が求められ、拡張性、レイテンシー、持続性への責
任は、このようなマーケットから新たなインターネットへの極めて厳粛な必要
事項でもあるのです。アジア太平洋各国で新たな必要事項が数々発生している
という現実を見るとき、世界各国各地域で活動しているエキスパート達による
連携なくして、その解決はなしえないと私は信じております。これら概論と計
画について発表いたします。

--------
            

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.