メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2005年3月18日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICが管理するIPアドレス空間の逆引きネームサーバ構成変更について

拝啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 JPNICが、APNIC/IANAより委譲を受けた逆引きDNSサービス(以下逆引きDNS)は、 JPNICが責任をもって運用しています。 これまで、JPNICはセカンダリネームサーバ運用組織と協力し、逆引きDNSの性能、 信頼性、そして安定性の向上を念頭に運用を行ってきました。 近年では、インターネットの利用拡大に伴う問合せの増加に対応しつつ、 信頼性を維持するため、 ネームサーバの地理的・ネットワーク的分散及びanycast技術の導入を行なっています。

 これまで逆引きDNSは、6つのネームサーバで構成されていましたが、今回、 このうちの1つであるc.dns.jpが運用を終了します。 この終了に際しても、逆引きDNS全体としては、 応答性能や信頼性を損なうことなく、サービスの品質を維持して行きます。

 また、IPv6をはじめ将来の逆引きDNSへの要求変化に柔軟に対応しつつ、 逆引きDNSサーバの適切な配置や構成の検討を実施し、 安定性・信頼性の向上に努めてまいります。

 なお、 JPRSが管理するJPドメインのネームサーバの機能も逆引きDNSと同じサーバで提供しています。 今回の構成変更に関して正引きDNSでも同様の変更がありますので以下のURLもご参照下さい。

http://jprs.co.jp/topics/050318.html

敬具

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.