メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2006年1月11日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICポリシー文書更新のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素はJPNICの活動およびIPアドレス管理業務にご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

 2005年12月25日より、JPNIC公開文書「JPNICにおけるアドレス空間管理ポリシー」 および「JPNICにおけるIPv6アドレス割り振りおよび割り当てポリシー」を更新しましたことをご案内申し上げます。

 本文書の更新は、 2005年7月7日に開催した第8回JPNICオープンポリシーミーティングでのポリシー提案に対する、 JPコミュニティのコンセンサスを反映したものです。 詳細につきましては下記をご参照ください。

敬具

コンセンサス

IPv4アドレスポリシー
IXP向けプロバイダ非依存アドレスのグローバルな経路広告はこれまで認められていなかったが、 今後当該アドレスの経路広告はIXP事業者の裁量に委ねる。 IXP利用者に対しては当該アドレスの経路広告に関する裁量は委ねられない。
IPv6アドレスポリシー
これまでIPv6ポリシー文書ではIXP およびクリティカルインフラストラクチャへの割り当てに関する記述がなかったが、 今後はAPNICポリシーにあわせ、実運用を反映するかたちで追記する。 IXP向けプロバイダ非依存アドレスのグローバルな経路広告はIPv4同様、 IXP事業者の裁量に委ねられる。

更新文書

「JPNICにおけるアドレス空間管理ポリシー」
11.2 インターネットエクスチェンジポイント
「JPNICにおけるIPv6アドレス割り振りおよび割り当てポリシー」
5.8 インターネットエクスチェンジポイントおよびクリティカルインフラストラクチャへの割り当て

参考

第8回JPNICオープンポリシーミーティング
 4.[提案] IX、クリティカルインフラへの割り当て等に関するポリシー提案
http://venus.gr.jp/opf-jp/opm8/opm8-program.html
2005年12月25日より有効となったJPNIC公開文書
http://www.nic.ad.jp/ja/ip/doc/20051225.html
JPNICにおけるIPアドレスポリシー策定プロセス
http://www.nic.ad.jp/doc/policy-process.html

お問い合わせ先

 

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。