メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年3月9日

ICANN理事会がVeriSignとの和解の合意を承認

 2006年2月28日、マリナ・デル・レイ:本日、 ICANN理事会は過半数の票によりICANNと .COMレジストリのレジストリ・オペレーターであるVeriSign との間の長年に渡る紛争を解決する一連の合意案を承認しました。

 これら和解の文書は、 .COMレジストリの運営に関する新レジストリ契約が含まれています。 新.COMレジストリ契約は、 最終承認を得るため米国商務省に提出されることとなっており、 和解の成立は米国商務省での承認にかかっています。 米国商務省の承認は、 gTLDである.COMの独特の歴史的背景により必要とされるもので、 そのような承認を要する唯一のgTLDです。 承認されれば、 本合意はICANNの受託責任とインターネットドメイン名の技術的連携を円滑にする ICANNとVeriSignとの新しく生産的な関係への道が開かれます。

 ICANN理事会の投票結果は、賛成9名、反対5名、棄権1名でした。 賛成票は、次の理事会メンバーにより投じられました。 :Vint Cerf (理事長)、Alejandro Pisanty (副理事長)、Mouhamet Diop、 Demi Getschko、Hagen Hultzsch、Veni Markovski、Vanda Scartezini、 Paul Twomey (事務総長兼CEO)、Hualin Qian。 反対票は、次の理事会メンバーにより投じられました。 :Raimundo Beca、Susan Crawford、伊藤穣一、Njeri Rionge、 Peter Dengate Thrush。 棄権票は、Michael Palageより投じられました。 理事会メンバーの投票に関するコメントは、 これから2日以内にICANNのウェブサイトに掲載される予定です。

 本日の会議の別件として、 ICANN理事会はICANN付属定款の修正と明確化に関してICANN ccNSOから提出された7つの個別の提案を承認しました。 一つの提案については、 3月最終週に予定されている次回ICANNウェリントン会合にて ccNSOと更に議論するために持ち越されました。 これらのポリシー提案は、 ccNSOが行っている第一次ポリシー策定プロセス(ccPDP) からICANN理事会に説明されています。 ccTLDコミュニティから始まり上手く進んだこのポリシー策定プロセスは、 インターネットのドメイン名システムに関する ICANNの技術的調整の重要な出来事となりました。

ICANNからのアナウンス(2006年2月28日)

"ICANN Board Approves VeriSign Settlement Agreements"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.