メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年7月7日

ICANNが英国のccTLD管理者との関係構築を発表

2006年6月30日

Marrakech、Morocco、2006年6月30日: ICANNは本日、 英国の国コードトップレベルドメイン(ccTLD) の管理者であるNominetとの間の書簡に署名し、 これを取り交わしたことを発表しました。 これは、ICANNと、英国のccTLDである.ukのレジストリである Nominetとの間の協調を推進する意思を表明するものです。 Nominetは、 この2ヶ月間で7番目にICANNと関係を構築したレジストリとなりました。

 更に、Nominetは、 .ukドメイン名空間をグローバルなインターネット業界で確実に代表するために、 ICANNの国別コードドメイン名支持組織(ccNSO)に参加します。 Nominetは、ccNSOが設立されて以来、これに参加する最大のレジストリです。

 2月にICANNよりアナウンスのあったとおり、 アカウンタビリティ・フレームワークプログラムは、 ccTLD管理者がICANNとの関係を構築するための2つのメカニズムを提供しています。 1つ目は、 ccTLD管理者とICANNの義務を定義するアカウンタビリティ・フレームワークドキュメントです。 これは、紛争処理とその終結についても対象としており、 ICANNとの公式文書を必要とするccTLD管理者のために作成されています。

 2つ目のメカニズムは、ICANNとccTLDの管理者間で書簡を取り交わすことであり、 責任に関する既述がより簡素である方が適する場合のために作成されています。

 Nominetとの書簡の取り交わしについて、 ICANN事務総長兼CEOのDr. Paul Twomey氏は、 「書簡を交し、ICANNの持続的な情勢とインターネットレジストリとの常に強化しつつある関係を補強できることを嬉しく思っています。

 新たなアカウンタビリティ・フレームワークは、 ICANNと関係を構築するプロセスを簡素化するでしょうし、私達は、 より多くのccTLD管理者が近い将来このメカニズムを利用してくれることを期待しています」 とコメントしました。

 NominetのChief Executiveである、Lesley Cowley氏は、 「ICANNが最近インターネットコミュニティとの連携モデルを改良するために採用した手順に促されました。 まだやらなければならない作業はありますが、私達が正しい方向に進んでいること、 私達がサポートの提供を強く望んでいることを確信しています」 と述べました。

背景

 インターネットは時を経て発展し、商業化されるにつれ、 利害関係者が関心を寄せるようになった分野の1つとして、 責任ある組織を認識し非公式に連絡を取ることができ、 結果として個々の役割と責任を明確化するのに最適なメカニズムを確立することがあります。

 2000年以来、 ICANNはccTLD(国やいくつかの領土のために制定された2文字TLD)管理者と共に、 ICANNとccTLD管理者の関係性についての文書化に取り組んでいます。 ccTLDやccTLDを運用する組織によって(組織の形態、ポリシー、経済、言語、 文化、法的環境、政府との関係などの観点から)事情が様々なため、 これらの関係性は複雑です。

 ICANNは、スポンサー契約を通じて.au、.jp、 .keなど多くのccTLD管理者との関係性を正式なものとしています。 しかしながら、これらの契約書は非常に細部にわたる文書であるとの認識の元、 ICANNは広く合意された基本線となる基準を策定するにあたってccNSOに対して援助を求めました。 これがアカウンタビリティ・フレームワークとして知られるようになるものの基礎となりました。 ICANNは、大方の合意が得られた基準を基に、 各ccTLDの状況に関して個々にドキュメントを調整できる柔軟性を伴うアカウンタビリティ・フレームワークのドキュメントを策定しようと意図していました。

 最初の助力の要請があったのは、2004年7月のICANNクアラルンプール会合でした。

 そこで、 ccNSOはccNSOのメンバーとより広いccTLDコミュニティからなるアカウンタビリティ・フレームワークワーキンググループを形成しました。 ワーキンググループのメンバー内の議論に加え、ケープタウン、マルデルプラタ、 ルクセンブルグでのccNSO会合でも重要な議論がなされています。

 2005年12月14日、ccNSO評議会は、 ICANNとアカウンタビリティ・フレームワークについて議論する際にccTLD管理者に考慮いただくガイドラインとして、 アカウンタビリティ・フレームワークワーキンググループ中間報告を発行することを決議しました。 2005年12月19日には、ccNSO評議会はccNSOのメーリングリストにその決議を公表し、 公表後7日間経っても反論がなかったので、 現在は運用可能なガイドラインとなっています。 ガイドラインは、2006年1月6日にICANNccNSOウェブサイトにて発行されました。

ICANNについて

 ICANNは国際的に組織された非営利法人であり、 インターネットプロトコル(IP)アドレス空間の割り振り、 プロトコル識別子の割当て、分野別(gTLD)及び国コード(ccTLD) トップレベルドメイン名のシステム管理、 更にルートサーバのシステム管理を行っています。 詳しくは、www.icann.orgをご覧下さい。

メディアからのお問い合わせ先

International
Andrew Robertson、 Edelman (ロンドン)
電話:+44 7921 588 770
メール:andrew.robertson@edelman.com

Tanzanica King、ICANN(米国)
電話:+1 310 301 5804
メール:tanzanica.king@icann.org

ICANNからのアナウンス(2006年6月30日)

"ICANN Announces Formalisation of Relationship with UK ccTLD Manager"

参考

"ICANN Posts Accountability Frameworks Document"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.