メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年8月4日

ICANNがレジストリサービス評価諮問プロセスを採択

2006年7月25日

 ICANNは本日、 新しいgTLDレジストリサービスのレビュー手続きの開始とレジストリサービス評価プロセスの採択をお知らせいたします。 ポリシーの発効日は、2006年8月15日です。 このプロセスの開始には、 gTLDレジストリのオペレータやスポンサー組織がICANNに新しいレジストリサービスについてのリクエストを出すことができるオンラインツールも含まれています。

 このプロセスとその開始は主に以下のためのものです:

  • 新しいレジストリサービスの評価のためのタイムリーで効果的、かつ開かれたプロセスをサポートすること、
  • レジストリサービス案の安全面及び安定性の効果をレビューし得る技術パネル、
  • 競争の問題を検証し得るプロセス、
  • 新しいレジストリサービスや契約上の変更に対する要請が正式な提案としてICANNに提出されるよりも前に、レジストリオペレータあるいはスポンサー組織とICANNスタッフとの間の透明性とコミュニケーションを改善すること。

 2005年6月30日、GNSO評議会は、 ICANN理事会がこのプロセスをコンセンサス・ポリシーとして採択することを承認しました。 2005年11月8日には、ICANN理事会は、手続案をコンセンサスポリシーとして採択し、 『契約内容の実行は、.NETレジストリ契約の条文、 特にそれがカバーしているレジストリサービスに関する定義と機密事項に関する条項を参考にして施行されるべきである』 としてポリシーの施行を指示しました。

 プロセスは要請のあったとおり、 GNSOによる勧告及び2005年11月8日のICANN理事会決議に従い、 .NETレジストリ契約の第3条3.1(d)項の(iii)-(iv)及びその他のgTLD契約の類似する規定を取り込んで改定されました。 現在、安全面及び安定性問題を検討することになる技術パネルを構成する最後のステップが、 2006年8月15日のこのポリシーの施行日に間に合うよう、完了する予定です。

 プロセスは、 ICANNと契約している全てのgTLDレジストリ及びスポンサー組織に適用されます。

  1. ポリシー
  2. 施行に関する注釈
  3. 背景となるドキュメント

ICANNについて

 ICANNは国際的に組織された非営利法人であり、 インターネットプロトコル(IP)アドレス空間の割り振り、 プロトコル識別子の割当て、 分野別(gTLD)及び国コード(ccTLD) トップレベルドメイン名のシステム管理、 更にルートサーバのシステム管理を行っています。 詳しくは、www.icann.orgをご覧下さい。

メディア対応窓口

Andrew Robertson、 Edelman(ロンドン)
電話: +44 7921 588 770
メールアドレス: andrew.robertson@edelman.com

Tanzanica King、 ICANN(米国)
電話: +1 310 301 5804
メールアドレス: tanzanica.king@icann.org

ICANNからのアナウンス(2006年7月25日)

"Advisory Registry Services Evaluation Process"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.