メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年8月4日

ICANNが新しいgTLDに関する第一次報告書へのコメントを募集

2006年7月28日

 新しいトップレベルドメインの導入に関するGNSO評議会の委員会は、 ICANNのポリシー策定プロセスの一環として第一次レポートを公開しました。 この報告書は、 委任事項に関する一連の長いコンサルテーションや会議の産物です。

 GNSO評議会による新しいTLDに関する委員会は、 2006年12月始めのサンパウロ会議よりも前に ICANN理事会に最終報告書を提出するための準備に先立ち、 更なるパブリックコメントや ICANNの諮問委員会や支持組織からのインプットを検討するため、 2006年8月29日及び31日にアムステルダムで会議を行います。

 只今、パブリックコメント期間は2006年8月18日(金)まで設けられており、 コミュニティのメンバーは、 特に更なる検討が必要な下記質問事項への回答を求められています。

  1. 第一次報告書に目を通した結果、新しいトップレベルドメイン申請段階で役立つその他の選出基準はあるでしょうか。
  2. 新しいトップレベルドメインへの申請の申請手数料の問題について考える際、申請者を支援するための累進的な申請手数料にはメリットがあるでしょうか。
  3. 新しいトップレベルドメインに関する2003-2004年における一連の経験を考慮に入れると、申請プロセスを簡素化することについて何か更なるコメントはあるでしょうか。
  4. レジストリサービス運用における競争を保障するというICANNの責務を考えるとき、既存のトップレベルドメインでは応えることのできないニーズに対応する申請を奨励するにはどうしたら良いかについて、更なるコメントはあるでしょうか。
  5. 報告書の技術的選出基準に関する部分を詳細に検討した結果、新しい申請に対する技術的基準の適切な基本線を決めるのに役立つような更なるコメントはあるでしょうか。
  6. 申請処理の方法のための先着順のシステムについて更なるコメントはあるでしょうか、また、オークションやくじ引きは申請間の競争を解決する方法として適切でしょうか。
  7. 奨励され得る新しいTLDの種類について更なる見解はあるでしょうか。特に、コミュニティのメンバーは、TLDにおけるスポンサー付/分野別/チャータ付/制限無し、という既存の区別の継続を望んでいるでしょうか。

 コメントは近々掲載されるWebから提出いただけますし、 あるいはnewgtlds-comments@icann.org宛にメールをお送りいただいても結構です。 コメントは、 http://forum.icann.org/lists/newgtlds-commentsで見ることができます。

 第一次報告書あるいはポリシー策定プロセスに関する更なるご質問はどのようなものでもシニア・ポリシー・カウンセラー Dr. Liz Williams氏liz.williams@icann.org宛にお問い合わせください。

ICANNからのアナウンス(2006年7月28日)

"Comments Sought on New TLD Initial Report"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.