メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年8月4日

ICANNが.ASIAレジストリ指定のためのレジストリ契約(案)を掲載

2006年7月28日

 2006年7月18日、ICANN理事会は、 ICANNとDotAsia Organization Limitedとの間のレジストリ契約案をパブリックコメントのため掲載することを承認しました。 もしICANN理事会において承認された場合、 契約によりDotAsiaが.ASIAの新たに指定される.ASIAのレジストリとして指定されます。 .ASIAへの申請に関する追加情報は、 http://www.icann.org/tlds/stld-apps-19mar04/で見ることができます。

 .ASIAレジストリ契約案は、 ICANNにより交渉がなされた最近のsTLDレジストリ契約のフォーマットを踏襲しています。 特に、この契約は最初の10年間のためのものであり、以下の条件を満たしています:

  • コンセンサスによる、かつ、仮のポリシーを実行、遵守するものであり、
  • 包括的なレジストリのデータエスクローを行い、
  • 新しいレジストリサービスを承認し、既存のレジストリサービスに修正を加えること。

 DotAsiaとの契約案ではまた、 料金の増額が同種のTLDにおける直近3年間でのレジストリ料金の増額率の平均を超えない限りにおいて、 契約は更新されると見なされます。 この更新は、同種の5つのTLD(もしくは5つに満たないものが合理的に同種な場合、 5つ未満のTLD)と類似な条件となるように合理的な範囲で修正された、 DotAsia社との交渉がなされた.ASIAレジストリの継続運営のための更新契約条件をもって行われます。

 .ASIAのためのレジストリ契約案におけるICANNへの手数料は、 トランザクションのみであり、 .ASIAレジストリにおける新たなあるいは更新されたドメイン名の増加1つにつき年間で米0.75ドルと設定されます。

 契約案に対するコメントは、 2006年8月28日太平洋夏時間の午後5:00までに、 asia-tld-agreement@icann.org宛に投稿することができ、 http://forum.icann.org/lists/asia-tld-agreementで見ることができます。

ICANNからのアナウンス(2006年7月28日)

"ICANN Posts Proposed Registry Agreement for Designation of the .ASIA Registry"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.