メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年8月17日

米国商務省が技術管理に関するICANNとの契約書に署名調印

2006年8月15日

 米国商務省は、 Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)がIANA (Internet Assigned Numbers Authority)機能を継続して遂行する新たな契約書に署名調印しました。

 IANA機能には、ルートネームサーバシステムの管理機能に加え、 インターネット・プロトコル(IP)アドレス空間配分、 プロトコルの識別子の割り当て、 分野別トップレベルドメイン(gTLD)及び国コードトップレベルドメイン(ccTLD)システムの管理も含まれています。

 ICANNの事務総長兼CEOであるDr. Paul Twomey氏は、 『商務省は、この契約書に署名調印することにより、 ICANNがその機能を遂行するために独自の立場にあることを追認したのです。』 と述べました。

 IANA機能のための新たな契約書は、一連の1年のオプションから成る5年契約です。 ICANNはこの機能のための契約を1998年以来保持してきました。

 Dr. Twomey氏は、 『これは、ICANNがドメイン名システム(DNS)の、 それ故インターネットの日々の運用に欠かせない様々な機能について責務を負う組織であり続けることを意味しています。』 と述べました。

 DNSは、ユーザーがインターネット上での道筋を見付け出すのを手助けします。 インターネット上の全てのコンピューターは、 『IPアドレス』(インターネットプロトコルアドレス)と呼ばれる独自のアドレスを持っています。 (数字の羅列から成る)IPアドレスは覚えにくいため、 DNSは代りに親しみやすい文字列(『ドメイン名』)の使用を許容しています。 つまり、 『192.0.34.163』と打ち込む代りにユーザーはwww.icann.orgと打ち込むことができるのです。

 Dr. Twomey氏は、 『これはまた、この重要な役割を果たすために懸命に働いたスタッフへの賛辞でもあります。 ICANN理事会を代理し、私は彼らの偉大な努力を祝福します。』 と述べました。

メディアからのお問い合わせ先

International
Andrew Robertson、 Edelman (ロンドン)
電話:+44 7921 588 770
メール:andrew.robertson@edelman.com

Tanzanica King、ICANN(米国)
電話:+1 310 301 5804
メール:tanzanica.king@icann.org

背景

 米国商務省(DoC)及びNational Telecommunications and Information Administration (NTIA) は、特定の独立したインターネットの技術管理機能、 すなわち総合的にthe Internet Assigned Numbers Authority(IANA) として知られるサービスの継続性や安定性の維持のためにこの契約を開始しました。

 これらの機能は、the Defence Advanced Research Projects Agency(DARPA)、 the University of Southern California(USC)との間の契約に基づき、 the Terranode Network Technology(TNT) として知られる調査プロジェクトの一部として米国政府の代理で行われたものです。

 TNTプロジェクトは終了が近付き、 DARPA/米国間の契約も1999年に満了が近付いたため、 政府はインターネットの安定した正しい機能に欠かせないIANA機能の継続した遂行の必要性を認識しました。

 1998年12月24日、USCは、 the Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN) との移管契約に入り、これによりICANNは、主要人員、 知的財産及びIANA機能の継続的な遂行に不可欠なコンピュータ施設へのアクセスを含むIANA機能の継続的な遂行に不可欠な全ての必要な資源をUSCより直接保証されました。 (インターネットドメイン名システムの民営化に付随する他の責務同様) これらの鍵となる資源を引き受け、 ICANNはこれらの機能の遂行のために独自の立場に置かれました。 2000年2月8日、2001年3月21日、そして2003年3月13日、DOCはIANA機能を遂行すべく、 ICANNと契約関係に入りました。 これらの契約に基づく作業に関連し、ICANNは、 インターネット標準策定組織と技術団体を含む様々な利害関係者との密接で建設的な関係を発展させ維持してきました。

ICANNについて

 ICANNは、 インターネット上のコンピュータに到達するために使用されるドメイン名や数字のアドレスのシステムを含む、 インターネットシステムにおける独自の識別子について責務を負う非営利法人です。 ICANNの使命は、 インターネットの運用に欠かせないこれらの独自の識別システムの安定且つ安全な運用を保証することにあります。 加えて、ICANNは、その効果的なボトムアップのコンセンサスモデルを通じて、 これらの技術的な機能に関連するポリシー策定を行っています。

ICANNからのアナウンス(2006年8月15日)

"United States Department of Commerce Executes Contract for Technical Management of the Internet with ICANN"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.