メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2006年9月26日

ICANNが.BIZ/.INFO/.ORGのgTLDレジストリ契約(案)に対する
パブリックコメントの要約を掲載

2006年9月11日

 ICANN理事会は、2006年9月7日に行われた会議で、 .Biz/.Info/.Orgの契約に対するパブリックコメントの要約案を検討しました。

 要約案は、 http://www.icann.org/announcements/comments-summary-07sep06.htm で見ることができます。

 理事会は、要約案に見られるパブリックコメントに関心を持っています。 コメントは、 http://www.icann.org/announcements/announcement-2-28jul06.htm で見ることができます。

 2689の回答がありました。 これらのうちの非常に多くは、 開設された3つの別々のコメントフォーラムに重複して、 あるいはコピーして投稿されました。 送付者は1014人に上りました。 正式な書簡による多くの回答もありました。 多くの回答を提出した個人の方もいます。 ある方は、32の回答を提出してこられました。

 パブリックコメントの鍵となる事項は以下のとおりです:

  • レジストリの運用者に対して料金の上限規制を含む規制を取り除くことは、1ドメイン名や更新について、異なる価格設定へと導くことになるという懸念、
  • レジストリによるトラフィックデータの使用に関して不適切な保護がなされているという確信、
  • 更新された条項が緩過ぎるという懸念、
  • ICANNのパブリックコメントの期間が短か過ぎた/ICANNは幾つかの条項案について十分な情報を提供しなかった/そして、ICANNは新しい契約をレジストリとの間で締結する前にPDP 06によるポリシー勧告がなされるのを待つべきだった - との、手続面に関する懸念。

 契約案は、2006年7月に当初一般へのお知らせのために、 その後はコメント募集のために掲載されました。

 スタッフは理事会の席上、 異なる価格設定という問題を明確化するためのレジストリとの交渉は、 既に進行中であると報告しました。

ICANNからのアナウンス(2006年9月11日)

"Draft Summary of Public Comments on Proposed .BIZ, .INFO and .ORG, gTLD Registry Agreements"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.