メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2007年1月10日

ICANNが.XXXの契約修正(案)を掲載

2006年1月5日

 XXXのsTLDレジストリ指定について定めるICMとの契約修正(案) がパブリックコメントのために掲載されています。 パブリックコメント期間は、2007年2月5日までとなります。

背景

 ICANNによる新たなスポンサー付トップレベルドメイン(sTLD) レジストリを創設するための提案の募集に対して、 受領された10の申請のうちの一つはICMが提出しました (http://www.icann.org/tlds/stld-apps-19mar04/をご覧下さい)。

 プロセスについての詳細は、最近 掲載されたアナウンス に含まれています。

 更に最近、.XXXのためのレジストリ契約(案) (ICMレジストリによるスポンサー付)は、2006年4月16日に掲載されました (http://www.icann.org/announcements/announcement1-18apr06.htmをご覧下さい)。 ICANNは、 先に掲載した契約について重要なコメント を募集、受領しました。 更にICANNは、申請に関して、ICANNの政府諮問委員会(GAC)にアドバイスを要請、 受領しました (http://www.icann.org/committees/gac/communique-28mar06.pdf[PDF、91K]をご覧下さい)。

 ICANN理事会は、2006年5月10日の会議で契約を検討し、 契約を提案のとおりには承認しないとの採択を行いましたが、 申請を却下はしませんでした。

 これに伴い、 ICMはGACにより提起されたパブリックポリシー課題に取り組むために契約を修正する作業を続けてきました。 ICMとICANNのスタッフは、コミュニティによるレビューおよび、 理事会での検討のために、修正された契約について再交渉を行ってきました。 パブリックコメント期間に続き、ICANN理事会は、 契約修正(案)をICANNのコミュニティによるフィードバックおよび、 受領したその他のパブリックコメントの観点から検討します。

修正された契約(案)

  • ICMレジストリ契約の(新たな)別紙SのPart8 [PDF、21K] - ポリシー策定や利害関係者保護活動に関するICMレジストリ運用者のコミットメントについて記載しています。
  • ICMとの.XXXレジストリ契約(案)[PDF、240K]。

 パブリックコメントのフォーラム
コメントを、xxx-icm-agreement@icann.org宛に投稿して下さい。
コメントは、http://forum.icann.org/lists/xxx-icm-agreement/でご覧下さい。

ICMによるドキュメント

 申請のためにICMにより作成された新たな追加のドキュメント:

  1. 先に掲載された契約への主たる変更の要旨
  2. ポリシー策定に関する追加的保障。
    1. コンプライアンスのモニタリングに関するICMのコミットメントに関する書簡[PDF、108K]。
    2. Internet Content Rating Associationのバックグラウンド[PDF、98K]。
    3. ポリシー策定に関する書簡[PDF、99K]。
    4. Family Online Safety Instituteのバックグラウンド[PDF、31K]。
  3. 子供の安全に関する規定
  4. 実施に関する規定
  5. GACのアドバイスに対応しての変更。
    1. ポリシーおよび実施に関してGACコミュニケに対するICMのステートメント
    2. GACの情報提供要請に対するICMのステートメント

ICANNからのアナウンス(2007年1月5日)

"ICANN Publishes Revised Proposed Agreement on .XXX"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.