メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2007年4月9日

ICANN理事会が.XXXドメインの申請を却下

2007年3月30日

 The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN) 理事会は本日、 ICM Registry, Inc.からのスポンサー付トップレベルドメイン(sTLD).XXXの申請を却下しました。

『この決定は、全ての主張を非常に注意深く精査および検討した結果でした。 その検討の結果、 理事会の多数が提案は却下されるべきだと信ずるに至ったものです』と、 ICANNの議長であるDr. VintCerf氏は話しました。

『私は、同僚の理事会メンバーおよびコミュニティに対して、 彼らによるインプットに感謝します』とDr. Cerf氏は話しました。

 理事会会議の決議の写しは、以下にて入手可能です。 http://www.icann.org/minutes/resolutions-30mar07.htm#_Toc36876524

 理事会会議の速記録も入手可能です。

ICANNについて

 ICANNは、一意な識別子によるインターネットシステムのグローバルな調整のため、 公益の下、非営利で国際的に組織されています。 ここにはドメイン名(.org、.museumおよび.ukのような国コード)、 同様にさまざまなインターネットプロトコルにおいて使用されるアドレスも含まれています。 コンピュータは、 インターネット上で互いに到達するためにこれらの識別子を使用しています。 これらの資源を注意深く管理することはインターネットの運用にとって不可欠なものであるため、 ICANNのグローバルな利害関係者は、 インターネットの継続的な安全性および安定性を保障するポリシーを策定するために定期的に面会しています。 詳しくは、 http://www.icann.org/をご覧ください。

メディア対応窓口

Jason Keenan、
メディアアドバイザー、ICANN(米国)
電話: +1 310 818 9072
メールアドレス: jason.keenan@icann.org

International: Andrew Robertson、
Edelman(ロンドン)
電話: +44 7921 588 770
メールアドレス: andrew.robertson@edelman.com

ICANNからのアナウンス(2007年3月30日)

"Board Rejects .XXX Domain Application"

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.