メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2008年5月9日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

障害復旧報告:APNIC逆引きネームサーバの障害について

 APNICが運用する逆引きネームサーバにおいて、 以下の通り障害が発生しておりましたが、現在は復旧しております。 利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 本件についてご不明な点などは、下記の窓口までお問い合わせください。

障害を起こしたサーバ

APNICが運用する逆引きネームサーバ
(ns1.apnic.net、ns3.apnic.netおよびns4.apnic.net)

障害の原因

「2008年5月6日(火)のサーバメンテナンス作業時に適用したプログラムの不具合による可能性が高いが詳細については調査中である。 調査結果は判明次第報告する」との連絡をAPNICより受けております。

障害発生日時

 2008年5月6日(火) 8時頃 ~ 5月9日(金) 13時頃 (日本時間)

障害の影響を受けた逆引きゾーン

 今回障害を起こした逆引きネームサーバ (ns1.apnic.net、ns3.apnic.netおよびns4.apnic.net) が委任を受けている逆引きゾーン

障害に伴う影響

 上記3台のネームサーバが逆引きの問い合わせの回答を正しく返さない場合がありました。 そのため、名前解決に失敗する逆引きゾーンがありました。

 名前解決に失敗する逆引きゾーンは確認を行う度に異なっておりましたため、 今回の障害では、APNICが逆引きを管理する全てのIPv4および IPv6アドレス空間において障害の影響を受けたものと思われます。

 なお、該当する逆引きゾーンには、 上記の3台以外の逆引きネームサーバも登録されていたため、 これらのネームサーバに対して問い合わせを行った場合には、 正しい応答を返すことを確認しております。

障害への対応について

 利用者からの問い合わせを受け、JPNICでは、 障害原因の特定と正常な逆引きの名前解決が行われるよう APNICに対応を依頼しました。 APNICで行われた作業は以下の通りです。

2008年5月8日(木)および5月9日(金)

 暫定的な対処として、 障害が疑われる逆引きゾーンの再読込を実施しました。

2008年5月9日(金) 12時30分頃(日本時間)

 利用していたソフトウェアを2008年5月6日(火)以前の状態に戻し、 問い合わせに対して正しい応答を返すことを確認しました。

本件に関する問い合わせ先

(IPアドレス担当)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。