メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2008年6月20日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

インターネット技術コミュニティを代表する各機関による
「グローバル経済におけるインターネットの将来」に関する覚書締結について

 2008年6月18日、 韓国・ソウルで開催されたOECD(経済協力開発機構)会合において、 ISOC、RIR、IETF、ICANN等、 インターネット技術コミュニティを代表する各機関により、 「グローバル経済におけるインターネットの将来」 に関する覚書の締結が発表されました。

 インターネット技術コミュニティを代表するこれらの機関は、 本覚書を通じて、インターネットが持つ、接続し交信する能力、 技術革新、情報共有機能、 選択の多様性が人間の可能性を広げるものであると述べ、 自らもグローバルレベルでさまざまなステークホルダーとともに、 インターネットの維持への貢献を行うと表明しています。

 また、 インターネットのポリシー策定と技術開発におけるオープンで透明なプロセスが、 インターネットの成功の本質であることから、 次世代の政策検討にあたり、 全てのステークホルダー(政府、技術およびビジネスコミュニティ、 市民社会)による関与を求めました。

 詳細につきましては、以下の原文をご確認ください。

■原文:Memorandum on the Future of the Internet in a Global Economy
http://www.isoc.org/pubpolpillar/docs/oecd-technical-community-memorandum.pdf

■参考情報:ISOCによるプレスリリース
http://www.isoc.org/isoc/media/releases/080616pr.shtml

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.