メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2010年3月19日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

4バイトAS番号の表記方法変更について

拝啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 JPNICでは、 2010年4月19日(月)より、 IPレジストリシステムにおける4バイトAS番号の表記をASDOT形式から ASPLAIN形式に変更いたします。

 これに伴い、関連するJPNIC文書を改定し、公開いたしました。 このJPNIC文書は、2010年4月19日(月)より施行されます。

 この度の変更は、RFC5396において、 4バイトAS番号のデフォルト表記方法を ASPLAIN形式とする旨が定義されたことに対応するものです。

 本件に関してご不明な点は、下記の窓口までお問い合わせください。

敬具

表記方法変更日

2010年4月19日(月)

4バイトAS番号の表記方法について

ASDOT形式(例:AS1.0)
32ビットのAS番号空間を16ビット単位で「.」で区切り、 高位16ビット、低位16ビットをそれぞれ10進数で表記したもの。
ASPLAIN形式(例:AS65536)
32ビットのAS番号空間の間に区切りを入れず、 10進数で表記したもの。

JPNICにおける表記方法の変更点

  • AS番号の記述を必要とする申請の際には、ASPLAIN形式で記述した内容 のみを受付ます。ASDOT形式で記述した場合は申請エラーとなります。
  • JPNIC WHOISおよびWeb申請システムを利用して、4バイトAS番号の検索を行った場合、検索結果はすべてASPLAIN形式で表示されます。
    • ただし、検索はASPLAINおよびASDOTの両形式で可能です。

改定文書

参考情報

お問い合わせ窓口

JPNIC IPアドレス担当:

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ