メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2010年10月18日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IPv4アドレスのIANA在庫、残り5%未満へ

 2010年10月18日未明に、IANA中央在庫からAPNICに対し、 /8ブロック二つ分のIPv4アドレスが新たに割り振られました。 これにより、全IPv4アドレス256ブロック中、残りは12ブロックとなり、 全アドレスブロックの5%を切りました。

 なお、この中央在庫12ブロックのうち最後の5ブロックは、 五つのRIRに同時に分配するポリシーが適用されるため、 現在の方法で分配可能なIPv4アドレスとしては、実質的には、 わずか7ブロックが残されている状態です。

 IPv4の未分配在庫が10%を切った9ヶ月前の本年1月から、 すでに約2億個のIPv4アドレスがIANAからRIRへ分配されていることになります。 これにより、現在IANA在庫の枯渇時期は2011年前半と予測されますが、 これは当初の予測よりも若干速いペースで推移していることになります。

 この状況を踏まえ、 五つのRIRの連合体であるNRO*1 からもアナウンス*2 が出され、代表のAxel Pawlik氏は次のように述べています。

「これはインターネットの存続における大きな節目であり、 RIRへの最後のIPv4アドレス割り振りが目前に迫っていることを意味します。 インターネットに関わるすべての関係者は、適時IPv6の実装を実現するよう、 決定的な対応をとることが不可欠です。」

 詳細は、NROからのアナウンス原文もご参照ください。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ