メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway

WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

2010年11月1日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IPアドレス管理業務に関するJPNIC文書公開のお知らせ

拝啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 JPNICでは、 IPv6アドレスの初期割り振り基準の変更に基づき 「JPNICにおけるIPv6アドレス割り振りおよび割り当てポリシー」文書を改定し、 公開いたしました。

 この度の文書改定は、 2010年7月より施行されたAPNICでのIPv6アドレスポリシーの変更に伴い、 JPNICのIPv6ポリシーにおいても同様の変更を適用したものです。

 本文書は2010年12月1日(水)より施行いたします。 本件に関してご不明な点は、下記の窓口までお問い合わせください。

敬具

2010年12月1日から有効となるJPNIC文書

「JPNICにおけるIPv6アドレス割り振りおよび割り当てポリシー」
http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-01110.html

改定内容

概要
IPv6初期割り振りの基準における 「経路広告を単一のアドレス割り振りに集約して行うこと」 を求める要件の撤廃。
目的
IPv6アドレスの経路広告を実際どのように行うかは、 割り振り先の判断に委ねる。 ただし、 IPv6アドレスポリシーでのアドレスの経路集約は引き続き推奨する。
施行に伴う影響
  • 初回割り振りを受けたIPv6アドレスの経路広告単位は、IPアドレス管理指定事業者の判断で決定することが可能となります
  • JPNICへの申請手続き、申請内容における変更はありません

参考情報

APNICにおける改定後のIPv6ポリシー文書
IPv6 address allocation and assignment policy
http://www.apnic.net/policy/ipv6-address-policy
APNIC29におけるIPv6ポリシー変更の提案
prop-082: Removing aggregation criteria for IPv6 initial allocations
http://www.apnic.net/policy/proposals/prop-082

本件に関するお問い合わせ窓口

JPNIC IPアドレス担当:

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.