メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

この記事は、内容に変更を加えない限り、 他のメーリングリストやニュースグループに転載可能です。 必要な範囲にお知らせください。

2011年7月5日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

講演会のご案内
「組織におけるDNSSECの姿 ~ICANN大久保智史氏を迎えて~」

 この度、 DNSルートゾーンのDNSSEC運用に関わっている大久保智史氏(ICANN)を迎えて、 DNSSECに関する講演会を開催する運びとなりましたのでご案内いたします。

 インターネットが普及した現代、 DNSのゾーンが法人などの組織によって運用されるケースが増えてきました。 DNSSECも例外ではなく、ルートゾーンでのDNSSECはICANNにおいて、 TLDゾーンでのDNSSECはレジストリにおいて、 組織的に運用されることで、 私達が日常的に利用しているドメイン名でDNSSECを使うことができるようになっています。

 本講演会では、ICANNの大久保智史氏に加えて、 JPRSの森健太郎氏、DNSSECジャパンの豊野剛氏をお迎えし、 DNSSEC運用組織の取り組みについてお話をいただきます。 DNSSECがさまざまな検討が行われた上で運用されていることについて、 来場者皆様のご理解を深めていただくとともに、 講演者を中心としたディスカッションを通じて、 オンライン資料だけではわかりにくいDNSSECの実際の姿について相互理解を図ることを目的としています。

参考URL
IANA - DNSSEC Information
https://www.iana.org/dnssec/

DNSSEC関連情報 / JPRS
http://jprs.jp/dnssec/

DNSSECジャパン
http://dnssec.jp/

 参加をご希望の方は、 2011年7月12日(火)10:00までに下記のWebページよりお申し込みください。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時

2011年7月12日(火) 17:30-19:00 (受付開始 17:15)

会場

JPNIC会議室(東京都 千代田区 内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F)

参加費

無料

定員

25名(希望者多数の場合、先着順とさせていただきます)

主催

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

後援

DNSSECジャパン

対象者

DNSSECに関心のある方

内容(予定)

  • ICANNにおけるDNSSECについて
  • JPドメイン名におけるDNSSECについて
  • 国内のDNSSEC運用に役立つ取り組み
※プログラムは予告なく変更する場合がございます。

申し込み方法

下記URLのWebページよりお申し込みいただけます。
https://jpnic.smartseminar.jp/public/seminar/view/14

※JPNICは、 本セミナーの受付登録に株式会社シャノンのシステムを使用しています。 ご同意の上、お申し込み手続きをお願いいたします。 JPNICの個人情報保護方針については、 <http://www.nic.ad.jp/ja/privacy.html>をご確認ください。

お問い合わせ窓口

JPNIC事務局 インターネット推進部 基盤企画担当
event@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ