メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2013年4月1日

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

経路ハイジャックが疑われる状態の通知に関するお知らせ

JPNICでは、2008年度より、 一般財団法人データ通信協会テレコム・アイザック推進会議(Telecom-ISAC Japan)様の運営する経路ハイジャック検知システム「経路奉行」とJPIRRが連携し、 JPIRRを用いた経路ハイジャック検知手法の有効性を検証することを目的として、 経路ハイジャック情報通知実験(*1)を行ってまいりましたが、 2013年3月31日をもってこの実験を終了いたしました。

2012年10月1日からは、 平行してJPNICが運営するJPNIC経路奉行の検知情報を用いて通知を行っており(*2)、 今後は特に期限を定めずに経路ハイジャックが疑われる状態の通知機能を引き続き提供してまいります。

Telecom-ISAC Japan様および経路情報共有ワーキンググループの皆様、 これまで実験にご参加いただいた皆様のご協力に深く感謝いたします。

(*1) Telecom-ISAC Japan経路奉行とJPIRR間の連携実験について
   https://www.nic.ad.jp/ja/ip/irr/jpirr_exp.html

(*2) JPNICが運営する経路奉行について
   https://www.nic.ad.jp/ja/ip/irr/jpnic-keirobugyou.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。