メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2013年4月1日

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IPアドレスに関する申請時における
適切に設定されていない逆引きネームサーバの通知について

JPNICでは、2013年5月14日(火)より、IPアドレスに関する申請時に、 適切に設定されていない(lame delegationの状態にある)逆引きネームサーバの通知を開始いたします。 詳細については下記をご覧ください。

このたびの通知開始に伴い、 関連するJPNIC文書「適切に設定されていない逆引きネームサーバへの逆引きゾーン委任停止の基準および手順について」を改定し、 公開いたしました。

既にご対応いただいているかとは存じますが、 申請時には逆引きネームサーバの設定をいま一度ご確認いただきますようお願いいたします。 本件に関してご不明な点は、下記の窓口までお問い合わせください。

通知開始日

2013年5月14日(火)10:00 以降にWeb申請システムより提出される申請

対象となる申請

  • IPv4アドレスに関する申請
    • IPv4割り当て報告申請
    • IPv4逆引きネームサーバ追加・削除
  • IPv6アドレスに関する申請
    • IPv6割り当て報告申請
    • IPv6割り振り情報変更申請
    • IPv6ネットワーク情報変更申請

通知方法

  • ネットワーク情報の新規登録および登録内容の変更時に、 逆引きネームサーバの登録を行う場合、 該当の逆引きネームサーバに対して当センターの定める以下の基準で確認を行います。 この基準は、これまでと変更はありません。
    1. UDPポート53番へのDNSクエリに回答しない場合
    2. 当該逆引きゾーンのSOA問い合わせに対して、 当該ネームサーバからSOAレコードの回答がない場合
    3. 当該逆引きゾーンのSOAの回答が、 Authoritative Answer(権威つき回答)ではない場合
  • 適切に設定されていないことが確認された場合には、該当の逆引きゾーンの委任を行いません。
  • 該当の逆引きネームサーバが適切に設定されていない旨を、申請完了通知とは別に申請者および技術連絡担当者に電子メールで通知します。

2013年5月14日から有効となるJPNIC公開文書

http://www.nic.ad.jp/ja/ip/doc/20130514.html

「適切に設定されていない逆引きネームサーバへの逆引きゾーン委任停止の基準および手順について」

本件に関するお問い合わせ先

JPNIC IPアドレス担当:lame-query@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ