メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN 49シンガポール会議中継のご案内

新gTLDがいよいよ一般登録されはじめ、 米国商務省電気通信情報局(NTIA)がDNSに関する機能をグローバルなマルチステークホルダーに移管するなど、 ICANNに関連したインターネットガバナンスに関する動きが急を告げていますが、 その中で2014年3月23日から27日までICANN会議がシンガポールで開催されます。

日本とシンガポールは時差が1時間しかないこともあり、 日本の皆様の業務時間内、 もしくはその前後に開催されるセッションばかりです。 そのため、今回初の試みとして、 JPNICではシンガポールで開催されるICANN 49会議を中継します。

シンガポール会議では、通常の理事会、 gTLDポリシーを策定するGNSO評議会に加え、 インターネットガバナンスに関するセッションが複数あり、 かつWHOISの進化形である次世代ディレクトリサービス、 そして名前衝突(Name Collision)セッションなど、 さまざまな分野にわたり議論が行われます。 JPNIC では、 それらの中から日本の皆様が特にご興味を持つと思われるプログラムを選んで会議の様子を中継することとしました。

ご興味のある皆さまはぜひご参加いただければと思います。 参加ご希望の方は、各プログラム開催前日の17:00までに、 以下のWebページよりお申し込みいただきますようお願いいたします。 皆さまのご参加をお待ちしております。

会場

東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
https://www.nic.ad.jp/ja/profile/map.html

内容および日時(日本時間)

2014年3月24日(月) 9:30-11:00 Welcome Ceremony and President's Opening
11:30-13:30 ICANN Globalization - Community Dialogue
13:00-14:30 New gTLD Program Update
14:30-16:00 Name Collision
18:00-19:30 Exploring Replacements for WHOIS - The Next Generation Directory Services
2014年3月26日(水) 14:00-16:00 GNSO Council Meeting
16:30-18:00 Update on Internet Governance Issues
2014年3月27日(木) 10:00-11:30 ICANN's Engagement with Asia Pacific
14:30-19:00 Public Forum
19:00-20:00 ICANN public board meeting

参加費

無料

定員

16名
*会場の都合上、 定員となり次第締め切らせていただく場合もございますのでご了承ください。 また、最少催行人数に達しない場合は中止します。
*中継音声はすべて英語となり、通訳の準備はございませんが、 JPNIC職員による簡単な解説がつきます。 質問にもお答えします。

主催

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

申込方法

参加ご希望の場合は、 以下Webページより各プログラムの前日17:00までにお申し込みいただきますようお願いいたします。
  https://jpnic.smartseminar.jp/public/seminar/view/30
  (株式会社シャノンのシステムを利用しています)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.