メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPドメイン名諮問委員会の委員構成に関する方針について

JPNICでは2001年11月16日付で公開している下記文書において、 JPドメイン名諮問委員会への日本国政府の参加は適切ではないという立場を表明し、 これが反映される形でJPドメイン名諮問委員会には日本国政府からの委員は含まれてきませんでした。

JPドメイン名登録管理業務の移管にあたっての「JPドメイン名の公共性の担保」に関するJPNICの方針-「JPRS諮問委員会設置要綱(案)」に関する方針も含めて-
https://www.nic.ad.jp/new-org/20011116-policy.html

本件に関して2014年12月5日開催の第106回理事会にて審議を行い、 次の結論に至りました。

その後の状況の変化を受け、より幅広く外部の意見を聴取する観点、 および客観性を今より確保するという観点から、 JPドメイン名諮問委員会に対する日本国政府を代表する委員の参加は適切であると考える。

理事会での議論については、以下の資料をご覧ください。

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第106回理事会(臨時理事会)
https://www.nic.ad.jp/ja/materials/board/20141205/
(議事録:第2号議案および資料2-1~2-3)

これを受け、 2014年12月16日開催の第50回JPドメイン名諮問委員会にて、 後藤委員が上記の方針を表明しました(議題(3) 諮問書「第8期JPドメイン名諮問委員会委員の選任方法について」(JPRS-ADV-2014002)について)。

第50回JPドメイン名諮問委員会資料及び議事録
http://jprs.jp/advisory/material/141216.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ