メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

専門家有志が新gTLD日本語ラベルのルールを検討するグループ
「日本語生成パネル(JGP)」の設立をICANNに申請

国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name; IDN)の専門家有志により「日本語生成パネル(Japanese Generation Panel; JGP)」と呼ばれる検討グループが組成され、 2015年2月6日(金)にICANNに対して設立申請を行いました。 それを受け、検討グループの設立申請書や活動内容、 これまでの経緯などを紹介するWebサイトをJGPが本日公開しました。

専門家有志が新gTLD日本語ラベルのルールを検討するパネル「JGP」の設立をICANNに申請(2015.02.18)
http://j-gp.jp/topics/20150218-02

このJGPには副議長としてJPNICの前村昌紀が参画しており、 またJPNICは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)と共に、 一部の事務局業務も担当していますので、 みなさまにもお知らせいたします。

JGPは、今後募集される新しいgTLDでIDNを利用する際に、 現在各国・地域ごとで異なっている「異体字(「国」と「國」など、 字体は異なるが意味としては同じ字)」を、 TLDレベル(ルートゾーン)ではどのように扱うのかを検討するためのグループです。 今回のJGP設立申請がICANNから承認されれば、 日本語部分のルールについては、 このJGPがコミュニティからの意見募集も行い主体的に策定を進めることになります。 同様の検討が日本語以外の各言語でも行われた後、 言語ごとに作成されたルールが統合されて、 共通のルールにまとめられる予定です。

JGPの活動や、 ルートゾーンにおける異体字の扱いに関する検討状況などの詳しい情報については、 JGPのWebサイトをご覧ください。 また、JGPに関する問い合わせは、下記の窓口宛てにお願いいたします。

日本語生成パネル(JGP) Webサイト http://j-gp.jp/
日本語生成パネルに関する各種問い合わせ先 日本語生成パネル事務局: info@j-gp.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ