メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN説明責任の強化に向けた提案(第二版)への意見募集について

2015年8月3日(月)より、 ICANNの説明責任の強化に向けた提案(第二版)への意見募集が開始されました。

本提案は、 ICANNの各支持組織と諮問委員会からの代表者で構成されるICANNの説明責任向上に関するコミュニティ横断ワーキンググループ (Cross Community Working Group (CCWG) on Enhancing ICANN Accountability)により策定が進められ、 本提案は2015年6月に意見募集が行われた提案第一版に続く、 第二版となります。

CCWGによる検討は、IANA機能の監督権限移管に伴い、 ICANNによるIANA機能の遂行に関して、 ICANN自身の説明責任に対して表明されたICANNコミュニティの懸念に端を発しています。

加えて、米国商務省電気通信情報局(NTIA)も、 IANAの監督権限移管に伴い最低限必要とされるICANN自身の説明責任向上策の提案に併せて提出することを、 移管の条件として求めています。

JPNICからは、今回の提案ドラフトを検討した上で、 意見提出を行う予定です。 意見提出を希望される方は下記より詳細をご確認ください。

提案の概要

この度の提案では、 IANA機能の監督権限移管までに対応を必要とするICANN説明責任向上に向けた課題に重点を置き、 長期的な課題は移管後に継続して検討を行います。

CCWGによる提案ドラフトの要点は、 2015年6月に出た第一版と変わりなく、第二版では、 コミュニティ代表の会議体の実装モデルの変更と、 IANAの名前に関わる機能を検討をしているグループから要請されたICANNの説明責任に関わる事項が反映されています。 第一版の要点は、以下でご確認いただけます。

ICANNの説明責任向上提案に対し、JPNICからのコメントを提出(提案第一版)
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2015/20150610-01.html

提案ドラフト第二版の内容全文(英語)は、以下に掲載されています。
 https://www.icann.org/en/system/files/files/ccwg-draft-2-proposal-work-stream-1-recs-03aug15-en.pdf

意見提出方法

今後のプロセス

IANA機能の監督権限の移管に関わる提案と同じく、この最終提案は、 ICANN理事会による承認を経て、2015年10月頃、 NTIAに提出される予定です。 その後NTIAによる精査を経て、 2016年3月頃までに米国議会による承認を見込んでおり、 承認された場合には、2016年7月頃までに実施される見通しです。

詳細(英語):https://community.icann.org/download/attachments/53783460/Section%2010_Implementation_FINAL.pdf

お問い合わせ先

JPNIC(日本語): ingov-query@nic.ad.jp
ICANN(英語) : acct-staff@icann.org

参考情報

IANA機能の監督権限移管に向けた統合提案への意見募集のご案内
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2015/20150805-01.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ