メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

「IoTネットワークプログラミングワークショップ」開催のご案内

Internet of Things (IoT: モノのインターネット)は、 インターネットを利活用しながら今後の社会を大きく変革する技術として期待され、 注目されています。

IoTのサービスを構築し実現するためには、 IoTデバイスについての知識のみならず、 以下のようなさまざまな観点とともに、 多くのプレイヤーとの連携が必要になります。

  • IPv6インターネットにおけるプログラミング
  • 昨今普及の著しいクラウドサービスの利用技術
  • 多くのデータを扱うためのビックデータ処理
  • ユーザーが利用するアプリケーションとの連携 など

このような状況のもと、まずはプレイヤー間で、 IoTネットワークシステムを構築するために必要となる要素技術やそれぞれの状況などの情報の共有を図り、 今後のIoTサービスの構築と普及を促進するために、以下の通り、 「IoTネットワークプログラミングワークショップ」を開催することといたしました。

第一段階として、 問題点の洗い出しや共通認識化を図ることに主眼を置いております。 ぜひ、多くの方にご参加いただければ幸いです。

日時 2016年3月16日(水) 13:30~17:00
場所 東京大学 電気系会議室5
新2号館10階 部屋番号:101B1(旧新領域輪講室)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
主催 一般財団法人日本インターネット協会(IAjapan)
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
後援 Internet Society日本支部(ISOC-JP)
協力 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
対象者 IoT関連デバイス、 システムのプログラマーおよびプログラミングに興味がある方
プログラム

タイトル・内容・スピーカーは予告なく変更することがあります。 あらかじめご了承ください。

(1)アプリケーションシステムプラットフォームセッション
AWSが提供するサービスを活用したIoTシステム開発
スピーカー:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 技術本部 エンタープライズソリューション部 ソリューション アーキテクト 福井 厚氏

(2)アプリケーション開発プラットフォームセッション
オープンソースビッグデータ処理システム(Hadoop/Spark)のシステム構築と運用上の勘所
スピーカー:Cloudera株式会社 テクニカル・エバンジェリスト 嶋内 翔氏

(3)IPv6アプリケーション開発セッション
Raspberry Piを使ったIoTの物作り
スピーカー: Japanese Raspberry Pi Users Group 太田昌文氏 他、調整中

(4)基盤ネットワークセッション
IoTにおけるセルラー通信活用
スピーカー:株式会社ソラコム CTO 安川 健太氏

(5)プラットフォームセキュリティセッション
未来のIoTの姿とあるべきセキュリティを考える
スピーカー:国立研究開発法人産業技術総合研究所 大岩 寛氏

(6)ディスカッション

お申し込み方法 以下のgoogleフォームにてお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/1cNwtPkcUH6eeC5opFrewq7xn4eadsdVpif7EX60BE0k/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link
googleフォームをお使いになりたくない場合、 iot-pg@nic.ad.jp宛に、 次の内容をお知らせください。 その際、Subjectを「3/16 IoTネットワークプログラミングワークショップ希望」としてください。
  • お名前
  • ご所属先
  • 業種、職種
  • メールアドレス
定員 60名(定員になり次第、締め切ります)
お問い合わせ先 iot-pg@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。