メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IANA機能監督権限移管における
番号資源とプロトコルパラメータに関する取り決めが成立

ICANNは、2016年6月29日(水)に、

  • 五つのRIRとの間のIANA番号資源サービスに関するサービスレベル合意書(SLA)*1
  • IAOC (IETF Administrative Oversight Committee)との間のIANAプロトコルパラメータサービスに関する覚書の追補*2

の二つの取り決めが成立したと発表しました。

これらは、番号資源、プロトコルパラメータに関する、 IANA機能の監督権限移管に向けた提案の中心的要素であり、 それぞれのIANA機能のサービス内容、サービスレベル、 およびその監督機構を定義するものです。

これらはいずれも、 現在米国商務省電気通信情報局(NTIA)とICANNの間で結ばれているIANA契約*3の失効によって有効となるとしています。 現在はこのIANA契約に基づいて、 NTIAがIANA機能に関する監督権限を有していますが、 今後ドメイン名に関する機構も含め準備が整い、 米国政府・議会による確認が済んだ場合には、 NTIAはIANA契約を現在の契約満了日である2016年9月30日に更新せず失効させることで、 提案されている新たな体制に移行することになります。

ICANNによるアナウンスメント
https://www.icann.org/news/announcement-2016-06-29-en

参考

IETF関連契約一覧
https://iaoc.ietf.org/contracts.html
IANAの技術的業務に関するIETFとICANNの覚書(原契約)
https://tools.ietf.org/html/rfc2860
https://www.icann.org/resources/unthemed-pages/ietf-icann-mou-2000-03-01-en

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.