メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IPv6対応クラウドサービスワークショップ開催のお知らせ

世界的にIPv6の導入には拍車がかかっており、 インターネットサービスプロバイダー(ISP)による通信足回りから、 大手コンテンツ事業者まで、対応が進んでいます。 アジア太平洋地域においても各国で取り組みが進んでおり、 アジア太平洋地域のIPアドレス等インターネット資源管理組織であるAPNICによるIPv6普及度調査によると、 インドやマレーシア等の伸びが顕著で、 インドは日本を抜いてアジア地域でのIPv6普及度トップとなっています。

国内においては、 これまでインターネットサービスプロバイダー等通信事業者を中心としてIPv6に関する開発・普及活動が活発に進められていましたが、 2017年からは大手携帯キャリアによるIPv6対応が開始される予定となっており、 ユーザーによるIPv6利用が急激に増すことが想定されています。 一方で、 大手事業者がIPv6コンテンツサービスを開始している米国に比べ、 国内コンテンツ事業者や各種インターネットサービスにおいては、 IPv6対応は進んではおりません。

このような現状から、 特にインターネット上のサービスやアプリケーションのIPv6対応を加速させるべく、 「IPv6対応クラウドサービスワークショップ」を開催いたします。 本ワークショップでは、 昨今のインターネットサービス構築に必須となっているクラウドサービスのIPv6対応状況について概観します。

開催概要

名称 IPv6対応クラウドサービスワークショップ
日時 2017年4月19日(水) 13:00 ~ 17:30(12:30開場)
会場 ビジョンセンター東京 6F 601
交通アクセス https://www.visioncenter.jp/tokyo/access/
住所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-14ケイアイ興産東京ビル 3F-7F B1
TEL 03-6262-3553
  • JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分、地下街4番出口 徒歩1分
  • 東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口 徒歩4分
参加費 無料
対象者 IPv6やネットワークの利活用に広く関心を持っている方々
定員 100名
※ どなたでもご参加いただけます。 参加申込数が定員に達したら参加募集を締め切ります。
主催 IPv6普及・高度化推進協議会
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
一般財団法人インターネット協会
後援 Internet Society Japan Chapter (ISOC-JP)
事前申込 以下のURLよりお申し込みください。
 https://www.iajapan.org/ipv6/summit/cgi-bin/r_20170419ws.cgi
Webでの申込が困難な場合は、 registration-mail@iajapan.org 宛てに、 文末のフォームでお申し込みください。 なおその際には、 Subjectを「IPv6対応クラウドサービスWS 参加申し込み」としてください。
事前登録の〆切は2017年4月17日(月)17:00です。
参加受付票メールを返信しますので、 当日はそれを印刷したものをお持ちください。
お問い合わせ先
ワークショップに関して
IPv6対応クラウドサービスワークショップ 2017 運営事務局
E-mail: ipv6cloud-ws-info@e-side.co.jp
参加登録に関して
E-mail: registration-mail@iajapan.org

プログラム

※当プログラムは予告無く変更される場合がありますので、 あらかじめご了承ください。
1. 開会挨拶 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授/IPv6普及・高度化推進協議会 専務理事
江崎 浩
2. 国内外におけるIPv6普及の現状 一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
佐藤 晋
3. モバイルネットワークにおけるIPv6の推進 株式会社NTTドコモ   伊藤 孝史 氏
KDDI株式会社     茂庭 智 氏
ソフトバンク株式会社 安力川 幸司 氏
4. クラウドサービスのIPv6対応状況-グローバル系-
  4.1 Amazon Web Services (AWS)におけるIPv6対応状況 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
荒木 靖宏 氏
4.2 OSベンダー、クラウド事業者から見たIPv6 日本マイクロソフト株式会社
田丸 健三郎 氏
5. クラウドサービスのIPv6対応状況-国内系-
  5.1 IaaSだけでよいのか?クラウドのIPv6対応 株式会社インターネットイニシアティブ 広報部 技術広報担当
堂前 清隆 氏
5.2 さくらインターネットのIPv6対応状況について さくらインターネット株式会社
横田 真俊 氏
6. クロージング 一般財団法人インターネット協会 IPv6ディプロイメント委員会 委員長
細谷 僚一

メール申込用フォーム

---------- IPv6対応クラウドサービスWS 参加申込み(メール用) ----------

To: to_registration

■氏名:
■ふりがな:
■会社名(団体名):
■所属:
■役職:
■電話番号:
■電子メールアドレス:
※下記の項目は該当するもの以外を削除してください。
■性別: □男性 □女性 
■年代: □10代 □20代 □30代 □40代 □50代 □60代以上
-------------------------------------------------------------------------
            

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ