メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ISOC理事にJPNIC副理事長 江崎浩が選出

JPNIC副理事長の江崎浩が2017年4月11日(火)、ISOC (Internet Society)のBoard of Trustees (理事会メンバー)に団体会員*1より選出されました。 異議申立期間中に特段の意見もなかったため、 2014年の選出に引き続き、 2期目となる任期を今後3年間務めることになります。

ISOCによるアナウンス
https://www.internetsociety.org/news/internet-society-board-trustees-2017-election-results

ISOCは非営利の国際組織で、 インターネット技術およびシステムに関する標準化、教育、 ポリシーに関する課題や問題を解決あるいは議論することを目的とした組織です。 1992年よりインターネットの普及促進や、 関連技術の開発促進という観点から、 国際的な調整機関としての役割を担ってきました。 その下部組織には、IETF (Internet Engineering Task Force)やIAB (Internet Architecture Board)があります。

江崎浩からのコメント

今回、皆さまのご支援によりISOCの理事に再選されました。 インターネットを取り巻く課題はますます高度化、 複雑化しており、 保護主義的な動きも増す中でいろいろと難しい時期に差し掛かっていると認識しています。

世界における日本の活動の認知、 ならびに日本からの情報発信を少しでも支援できればと思っております。 皆さまからのますますのご指導・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

このような活動を通じて、 JPNICは今後もより一層国内外のインターネットコミュニティへ貢献して参ります。

*1 ISOC理事の種別は団体会員選出、支部選出、 IAB選出の3種類があります。 このうち団体会員選出および支部選出に対して選挙が実施されます。 選挙の詳細については、以下URLをご参照ください。
https://www.internetsociety.org/trustees/

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。