メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
理事長 後藤滋樹

政府によるサイトブロッキング要請報道への当センターの見解

インターネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版Webサイトに対するアクセスを遮断(ブロッキング)するよう、 政府がインターネット接続事業者に要請する調整がなされているとの報道がありました。

現在のグローバルインターネットでは、さまざまな事情により、 局所的・地域的に何らかの制限が通信に対し加えられていることがあります。 日本国内では、やむを得ず、悪意を持ったインターネットの利用に対応するため、 一部の通信を選択的に停止することが行われておりますが、 このような行為はインターネット全体に影響を及ぼさないように慎重な配慮と厳密な要件の下で行われています。 分け隔てなくあらゆる場所で人やモノ同士を通信可能にするインターネットの安定運用は、 インターネットに接続する組織や個人の絶え間のない努力によって実現されています。

一般的にブロッキング等の意図的な通信制御は、可用性の低下を招く危険性があり、 結果として、インターネットの円滑な運営が損なわれることがあります。

インターネット上での他者への権利侵害は適切に対応されるべきです。 しかし権利を侵害する情報流通を防止するための措置としてブロッキングを用いることについては、 従来さまざまな議論が尽くされて実装されてきたことと同様に、 法的および技術的見地に基づく慎重な検討および厳密な要件の適用が必要だと考えます。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ