メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

障害報告:APNIC逆引きネームサーバの障害について

JPNICでは、少なくとも5月6日から8日にかけて、 APNICのDNSSEC署名システムに不具合が生じたため、 JPNIC管理下の逆引きDNSの一部にも障害が発生した事象を確認しております。 現時点で把握している121.in-addr.arpaに及んだ障害については復旧済みであることも確認しております。

APNICでは事象の内容を確認中とのことで、障害の時間、原因、 範囲などの詳細は特定できておりませんが、引き続き把握に務め、 APNICからの連絡を待ち、 障害の詳細を本ページを追記する形でお知らせいたします。

皆様にご迷惑をおかけいたしますが、APNICによる発表まで、 今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

(2018年5月10日追記)
2018年5月9日にAPNICより、 このたびの障害に関するアナウンスが行われました。 詳細については、以下のURLよりご確認ください。
 https://www.apnic.net/about-apnic/service-updates/service-announcement-8-may-2018/

障害の内容

APNICのDNSSEC署名システムの不具合

障害による影響

APNICの管理する下記の逆引きゾーンにおいて、 DNSSEC署名の検証に失敗する状態になっていました。

障害の対象

121.in-addr.arpa (2018年5月10日APNICのアナウンスにより確定)

障害発生日時

2018年5月6日(日)5日(土)02:00~8日(火)11:05(日本時間) (2018年5月10日APNICのアナウンスにより確定)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ