メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

APNICにおけるIPv4未割り振り在庫からの
新規割り振りサイズ変更に関するお知らせ

2019年2月28日にご案内いたしました、 現在JPNICにて受け付けているIPv4アドレスの新規割り振りに関して、 4月5日時点の状況をお知らせいたします。

「/8相当の最後のAPNICにおけるIPv4未割り振り在庫(103.0.0.0/8)」からの新規割り振りサイズ変更について

APNICでは、2月28日より3月28日までの間、 「/8相当の最後のAPNICにおけるIPv4未割り振り在庫(103.0.0.0/8)」からの最大割り振りサイズを、 /22(1,024アドレス)から/23(512アドレス)へ変更することについて、 アドレスポリシーSIG メーリングリストにおいて、コメントを募集していました。

コメント募集期間終了後に、 APNIC理事会においてこの変更について検討が進められてきました。 APNICは本日(4月5日)、APNIC理事会から承認が得られた旨を発表しています。 APNICでは、 本在庫からの割り振りを以下の通りとすることを、 あわせて発表いたしました。

  • 本在庫からの割り振りサイズ変更を即時適用し、 上記在庫から一組織あたり最大/23の割り振りを行うこととします。
  • 2019年2月28日12:00(日本時間)以降に受け付けたIPv4割り振り申請において、 /23の割り振りとは別に/23が予約されていた場合、 その予約を解除します。

APNICでの対応にあわせ、JPNICにおいても同様に対応いたします。

「JPNICに返却済みIPv4アドレス在庫」からの新規割り振り終了について

APNICでは、 「IANAから再割り振りされた返却在庫」からの割り振り終了と、 割り振りを希望する組織の待機者リストへの掲載終了についても、 アドレスポリシーSIGメーリングリストにおいて、コメントを募集していました。

APNIC理事会はこれらの対応終了についても承認する旨、 APNICから発表されていますが、現時点ではまだAPNICから、 本件への対応に関しては発表はありません。

JPNICでは現在、「JPNICに返却済みIPv4アドレス在庫」から、 /22を上限とする割り振りを行っていますが、 申請の受付および本在庫からの割り振りは継続いたします。

参考情報

IPv4アドレス新規割り振りサイズ変更のお知らせ
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2019/20190228-02.html

お問い合わせ窓口

JPNIC IPアドレス担当:ip-service@nir.nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.