メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

IEEE SAおよびIETFにおける標準化とデータリンク層に関する勉強会
- プライバシーに配慮したMACアドレスのランダム化の
検討状況とWi-Fiへの影響ほか -
開催のご案内

国際的な標準化の場で行われている議論は、 インターネットにおける各種アーキテクチャに関わり、 国内での議論や技術開発に大きく影響するものと言えます。 JPNICでは国際的な標準化の動向を横断的な視点で捉えた、 国内での議論を促進するため、イベント開催等の活動を行っております。

このたび、 OSI参照モデルやTCP/IPのモデルにおけるデータリンク層に関する、 IEEE SA*1における動向を取り上げ、 旬の話題をお届けするとともにディスカッションの機会となるべく勉強会を開催いたします。

IEEE SAやIETFにおいて、 プライバシーに配慮したMACアドレスのランダム化への対応について検討されています*2。 一部のベンダーでは既に行われているランダム化は、 Wi-Fiなどに対してどのような影響を持つのでしょうか。 また標準化の場ではどのような議論が行われているのでしょうか。

本イベントのご参加は無料です。 参加をご希望の方は、下記の「参加登録」に記載のWebページよりお申し込みください。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

*1 IEEE Standards Association (IEEE SA) - 電気や電子工学に関する学会であるIEEEにおいて標準化活動を行っている組織
*2 IEEE SAでは802.11ワーキンググループにおいて議論されています。 IETFでは、2021年11月に行われた第112回IETFミーティングにおいて、 madinas (MAC Address Device Identification for Network and Application Services)と呼ばれるグループのBoFが開催されました。
名称 IEEE SAおよびIETFにおける標準化とデータリンク層に関する勉強会
日時 2022年1月28日(金) 16:00~18:00
主催 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
会場 オンライン
  • 発表および質疑応答は、リモートカンファレンスツール(Zoom)で行います。
    • ZoomのURLおよびパスワードは後述の参加申込URLからお申込みされた方に送られます。
    • 質問はZoomのチャット画面(テキスト)で受け付けます。
参加費 無料
参加登録 以下URLから2022年1月27日までにお申し込みください。
IEEE SAおよびIETFにおける標準化とデータリンク層に関する勉強会
https://us06web.zoom.us/webinar/register/7416419832247/WN_Y7RYr7tqReao0KNlzKff5w
プログラム内容案
(敬称略/予定)
16:00開始

オープニング

MACアドレスランダム化の話題 - IETFより -
 木村 泰司(日本ネットワークインフォメーションセンター)

IEEE SAにおける標準化
 眞野 浩(データ流通推進協議会)

ディスカッション
テーマ:さまざまな影響のある技術標準と標準化プロセス
モデレーター:木村 泰司((JPNIC)

クロージング

18:00終了予定
配信に関して
  • ストリーミング配信を行います。
  • 後日、Zoomの録画をJPNICのYouTubeチャンネルに掲載する予定です。
お問い合わせ先 JPNIC インターネット推進部
arch-info@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.