メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICトークラウンジ第13回ライブ配信
「鈴木 茂哉さんに聞く、トラストとアイデンティティの未来」
のご案内

本イベントは既に終了しました。

以下の通り、 JPNICトークラウンジ第13回を開催する運びとなりましたので、 ご案内いたします。 以下に示すURLより参加登録をお願いいたします。

「JPNICトークラウンジ第13回 鈴木 茂哉」

ゲスト
鈴木 茂哉さん(慶応義塾大学)
日時
2024年2月1日(木) 17:00~18:00
開催方法
Zoomウェビナーによるライブ配信になります。
参加登録
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_cgsYe4mLQPqPX_JLjflRlg
※参加費は無料ですが、お申し込みが必要です。 上記URLから参加登録をお願いいたします。
内容
鈴木茂哉さんはパーソナルコンピュータの黎明期から数々の業績を持つ技術者で、 ソフトウェア開発会社の経営などを経て、 2004年から慶応義塾大学にお勤め、 その間に南カリフォルニア大学情報科学研究所(USC/ISI)でも2年過ごされました。 現在慶應義塾大学ではSFC研究所のデータアーキテクチャラボ、 トラステッド・インターネット・アーキテクチャ・ラボの副所長を務められ、 Trusted Webやデジタルアイデンティティが中心テーマ。 オリジネータープロファイルにも関与なさるなど、 インターネットやデジタル社会におけるアイデンティティやトラストに取り組んでいらっしゃいます。

ブロックチェーン技術によって新たな信頼、価値、 協調の形が模索され、Web3、NFT (Non-Fungible Token)、DAO (Decentralized Autonomous Organization)など新たな概念が生み出されました。 既にこれらを使った事業も立ち上がって一部利用されていますが、 これらによって生み出された価値や便益は、 既存のものによる安定性を優越し辛いように見えます。 これらの何が問題で、どう活路を見出すべきか、 デジタル基盤におけるトラストとアイデンティティについて、 鈴木さんにうかがって行こうと思います。

JPNIC YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC7BboGLuldn77sxQmI5VoPw
※イベントのアーカイブに加えて、 Internet Week Basicオンデマンドなど学習コンテンツも多数掲載。 JPNICトークラウンジもライブ配信後こちらで公開されます。 この機にチャンネル登録をお願いします。

本件に関するお問い合わせ先

JPNIC事務局 インターネット推進部
メール:event-sec@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
よろしければ回答の理由をご記入ください

それ以外にも、ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2024 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.