メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

APNIC Whois Database cleanup project
翻訳文

(社)日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新 2003年 6月 6日

この文書は
http://www.apnic.net/mailing-lists/apnic-announce/archive/2003/05/msg00003.html
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


APNIC Whoisデータベースの整理を行うプロジェクト


はじめに

第15回APNICオープンポリシミーティングのデータベースSIG(Special Interest Group)において、APNIC事務局はAPNICに属する有効なインターネッ ト資源情報により参照されていないperson/roleオブジェクト、 および maintainerオブジェクトをAPNIC Whoisデータベースから削除する提案を提出 しました。

本プロポーザルは当該SIGにて賛同が得られ、現在事務局では参照されていな い約28,000件のオブジェクトを削除する手続きを進めています。

当該登録情報の所有者には電子メールにて通知を行い、その後最低60日間参照 されない登録情報はいずれもAPNIC Whoisデータベースから自動的に削除され、 アーカイブにバックアップされます。


データベース整理のスケジュール


2003年5月29日 APNIC Whois データベースにて参照されていないperson/roleオブジェクト、 およびmaintainerオブジェクトを検索
2003年5,6月 該当オブジェクトの管理/連絡担当者宛へ順次「通知メール」を送付
2003年7,8月 電子メールでの通知より60日後に参照されていないオブジェクトをAPNIC Whoisデータベースから削除
2003年8月 プロジェクトの統計情報を集計し、データベースSIGのメーリングリスト、およびソウルで開催される第16回APNICオープンポリシミーティングにて報告

詳細情報

APNIC Whoisデータベース整理に関するプロポーザル:
http://www.apnic.net/meetings/15/sigs/db/docs/db-pres-sanjaya-whois-cleanup.ppt
データベースSIG 議事録(2003年2月26日):
http://www.apnic.net/meetings/15/sigs/db/minutes.html#2
APNIC Whois データベースの整理を行うプロジェクト:
http://www.apnic.net/db/db-cleanup.html

APNIC事務局

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.