メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Document update - APNIC Fee Schedule
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新 2005年8月4日

この文書は
http://www.apnic.net/mailing-lists/apnic-announce/archive/2005/07/msg00001.html
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


2005年7月11日

文書更新のお知らせ -- APNICの課金体系表について

APNICは以下のドラフト文書に対する最終的な文書調整のコメントを募集しています。

  • APNIC課金体系表: 会員種別、料金、および内容

 この文書は、以下の料金改定を実装する為、 4月15日に開催されたAPNIC EC(執行理事会)での決議を反映し、更新されました。

  • 既存のIPv4インフラストラクチャを運用しているNIRのメンバーを対象に、IPv6アドレス空間の割り振り手数料(per address fees)に対し、90%の割引を適用いたします。この割引は、それらのネットワークが既にAPNICからアドレス空間の割り振りを受けており、その際の手数料がAPNICに支払済みであることを考慮したものです。
  • すべてのコンフェデレーションメンバー(confederation menbers)が単一のIPv6アドレス空間のプールを運用することを前提として、コンフェデレーションメンバーに対するIPv6アドレス空間の割り振り手数料を廃止いたします。

 APNIC ECは、これらポリシーの変更が、 APNIC会員間での割り振り条件の統一への第一歩と考え、 IPv6の普及促進につながることを期待しています。

 ドラフト文書は以下のURLよりご覧頂くことができます。
   http://www.apnic.net/docs/drafts/draft-member-fee-schedule-v004.html

 この決定に関するECミーティングの議事録は以下のURLよりご覧いただけます。
   http://www.apnic.net/ec/minutes/20050415.html

文書のレビューについて

 現在は、文面に対する精査の段階です。 ポリシー事項は既にコンセンサスが得られ、実装予定となっています。

 したがって、関係者より以下の事柄等に関するコメントを募集いたします。

  • ポリシーレビュープロセスにおいて、コンセンサスの決定事項を適切に反映していないという理由でのドラフト文書への反対意見
  • 文書改善に関する提案全般
  • さらに十分な見直しができるよう、コメント募集期間延期のリクエスト

コメントの締め切り

 コメント募集の締め切りは2005年8月8日となっております。 コメントを sig-policy のメーリングリストにお送りください。 詳細につきましては、以下のURLをご覧ください。
   http://www.apnic.net/community/lists

----
APNIC事務局

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.