メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

APNIC debogon project
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新 2006年8月9日

この文書は
http://www.apnic.net/mailing-lists/apnic-announce/archive/2006/08/msg00001.html
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


各位

APNICによるbogon解消プロジェクトについて

 2006年1月、APNICはIANAより下記のIPv4アドレスの分配を受け、 この範囲のIPアドレスからの割り振りを開始しています。

  • 121/8
  • 122/8
  • 123/8

 また、これらのアドレスが誤ってフィルタリングをされることのないよう、 各/8アドレスから一部特定のプレフィクスを選定し、 AS12654より広告を行っています。

 到達性の確認はテスト用に確保されている各プレフィクスより実施することが可能です。 各プレフィクスにおけるpingの対象ホストおよび1日ごとの確認結果は以下をご参照ください:

http://www.ris.ripe.net/debogon/debogon.html*1

 さらなるご質問、 ご要望等につきましては<helpdesk@apnic.net>までご連絡ください。


*1 <訳注>2008年1月28日現在はhttp://www.ris.ripe.net/debogon/に移動しています。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。