メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Policy implementation update - APNIC now testingfor lame DNS reverse delegations
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新 2004年12月9日

この文書は
http://www.apnic.net/mailing-lists/apnic-announce/archive/2004/10/msg00000.html
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


2004年10月8日

ポリシー履行のお知らせ - APNICは機能していない逆引きDNSの委譲に関するテストを開始

 この通知は、APNICが承認した、 機能していない逆引きDNSの委譲に関するテスト及び除去を行う提案「prop-004-v001」 実装についての重要な通知です。

 提案、プレゼンテーション、議事録、 および議論の内容につきましては以下をご覧下さい。

http://www.apnic.net/docs/policy/proposals/prop-004-v001.html

機能していない逆引きDNS空間のテストを実施中

 2004年9月30日より、 APNICは機能していない逆引きDNSに関する手続の実装を正式に開始しました。

 登録されているネームサーバーが到達できる状態にない、 もしくは正確に設定されていない場合、 逆引きDNS委譲は機能していないとみなされます。 その事により、インターネット上で様々な問題が起こりえます。

 APNIC事務局は現在、管理下にあるすべての逆引きDNS空間をテストしています。 手続きとして、15日間のテスト期間で委譲が機能しているのか確認を行い、 続く45日間で更なるテストと問題解決に向けての対応、管理者への通知を行います。 この期間が過ぎても機能しない状態が永続的に続くと、 ネームサーバーの委譲が行われない可能性があります。 機能しないために消去されるのはネームサーバー委譲のみであり、 逆引きゾーンそのものではありません。 ネームサーバーが機能していない場合、 APNICは問題が解決するまで登録されている管理者に毎月リマインダーを送ります。

逆引きDNSゾーンの管理者に求められる対応は?

 APNICのWHOISのデーターベースに登録されている連絡先情報が常に最新のものに保たれているようにしてください。 APNIC事務局が逆引きDNSに何らかの問題を確認した場合には、 その問題を解決する方法についての情報を登録されているアドレスに連絡します。

詳細

 機能していない逆引きDNS空間の委譲に関する詳細は、以下をご覧下さい。

http://www.apnic.net/services/rev-del/lame-del/

APNIC 事務局 <secretariat@apnic.net>
Asia Pacific Network Information Centre (APNIC) Tel: +61-7-3858-3100
PO Box 2131 Milton, QLD 4064 Australia Fax: +61-7-3858-3199

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.