メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

NETmundial Initiative Stanford Communiqué
翻訳文

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2015年4月8日

この文書は2015年3月31日に公開された
https://www.netmundial.org/blog/secretariat/netmundial-initiative-stanford-communiqu%C3%A9
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、 その品質に責任を負いません。

NETmundial Initiativeスタンフォードコミュニケ(日本語訳)

市民社会、政府、民間セクター、技術および学術コミュニティ、および国際団体からなる、 23のグローバルなマルチステークホルダーから構成される、多様な、複数の地域にまたがるグループである、 NETmundial Initiative (以下「NMI」)の調整評議会(以下「評議会」)は、 2015年3月31日に米国カリフォルニア州にあるスタンフォード大学で作業会合を開催しました。 この会合はInitiativeの組織、役割および活動について議論するためのものです。

会合参加者は運営規約 (Terms of Reference, ToR)案を意見募集のため公開しました。 意見募集期間は2015年4月1日から5月1日(23:59 UTC)までです。意見募集期間の間、 評議会メンバーを含むステークホルダーは意見を提供する機会が与えられ、 評議会で検討された上で必要に応じて反映されたものが評議会の設立会合での最終文書として採択されます。

Initiativeは、NETmundial会合の協調精神を引き継ぎ、 インターネット諸課題に対処してNETmundial原則の実施を推進するための、 全ステークホルダー間の実践的協力を媒介するプラットフォーム提供を目指します。

会合参加者はNMIのプラットフォーム経由で現在までに提出されたすべてのプロジェクト提案を認識し、 そのうち3件(NETmundialソリューションマップのプロトタイプ、インターネットと司法権プロジェクト、 およびインターネットガバナンスにおける討論型世論調査)についてプレビューする機会を得ました。

また会合参加者は、NMIを進める上で、最高水準の透明性と包含性を遵守することと、 グローバルなアウトリーチの必要性を認識しました。評議会の設立会合に向け、 さまざまな会議でアウトリーチおよびエンゲージメントを進めて、NMIの構成、役割、 活動の理解を広げることを目指します。

我々はNMIを進めていくに当たり、情報提供および関与など、 グローバルなインターネットコミュニティの支援を求めています。

会合参加者

評議会メンバー

  • Jean-François Abramatic, Senior Scientist, Inria; W3C Fellow, France
  • Juan Cruz Gonzalez Allonca, National Director for Personal Data Protection; Ministry of Justice and Human Rights, Argentina
  • Virgílio Almeida, Chair; Brazilian Internet Steering Committee/CGI.br
  • Pablo Bello Arellano, Secretary General; Association of Latin American Telecom Operators
  • Joao Carlos Rebello Caribe, Policy Manager; Movimento Mega
  • Fadi Chehadé, President and CEO; Internet Corporation for Assigned Names and Numbers
  • Eileen Donahoe, Director of Global Affairs; Human Rights Watch
  • William Drake, International Fellow and Lecturer in the Media Change and Innovation Division of the Institute of Mass Communication and Media Research at the University of Zurich (participated remotely)
  • Anriette Esterhuysen, Executive Director of the Association for Progressive Communications (participated remotely)
  • Marilia Maciel, Researcher and Coordinator; Getulio Vargas Foundation School of Law
  • MAEMURA Akinori, General Manager; Japan Network Information Center
  • Andile Ngcaba, Chairman and Founder; Convergence Partners
  • Ian Peter, Technology and Policy Strategist; Participating in Personal Capacity
  • Jim Poisant, Secretary General; The World Information Technology and Services Alliance
  • Nii Quaynor, Professor; University of Cape Coast, Ghana
  • Richard Samans, Managing Director and Member of the Managing Board; World Economic Forum
  • Christoph Steck, Director Public Policy & Internet; Telefonica
  • Jean-Jacques Subrenat, Member; European Regional At-Large Organization

評議会メンバー代理

  • Fiona Alexander, NTIA Associate Administrator, U.S. Department of Commerce; Representing U.S. Secretary of Commerce, Penny Pritzker
  • Hongbing GAO, Vice President, Alibaba Group; Representing Jack Ma, Chairman of the Board of Directors of Alibaba Group
  • Hartmut Glaser, Executive Secretary, Brazilian Internet Steering Committee/CGI.br; Member of Virgilio Almeida’s Delegation
  • Constantijn van Oranje-Nassau, Advisor, European Commission; Representing Andrus Ansip, European Commission Vice-President for the Digital Single Market
  • Larry Strickling, Assistant Secretary of Commerce for Communications and Information, U.S. Department of Commerce; Representing U.S. Secretary of Commerce, Penny Pritzker
  • Zhao Zeliang, Director General, Bureau of Cyber Security Cyberspace Administration of the People’s Republic of China; Representing Lu Wei, Minister of Cyberspace Administration of the People’s Republic of China
  • Juan Pablo Altmark, Data Protection Lawyer at the National Personal Data Protection Agency, Ministry of Justice and Human Rights, Argentina.

その他

  • Wolfgang Kleinwächter, University of Aarhus, Special Ambassador of the NETmundial Initiative

NETmundial Initiativeについて

ブラジルインターネット調整委員会(CGI.br)およびInternet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)によって実現に至り、 世界経済フォーラム(WEF)とのパートナーシップの基にNETmundial Initiativeは人類の連帯と経済の進歩のため、 インターネットを共有された、 中立でかつグローバルな資源として推進することでステークホルダー間のよりよい調整と協力を促進します。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.