メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

SECSAC Looks at Wild Cards
Second Meeting 15 October 2003
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新[2003年10月14日]

この文書は2003年10月11日に公開された
http://secsac.icann.org/
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SECSAC)
ワイルドカードについての考察
■2003年10月15日 第二回会議■

利害相反に関する説明

 2003年9月15日、VeriSignは、 具体的に登録されていないドメイン名が提示された場合のCOM/NET レジストリの応答方法を変更しました。 VeriSignは、標準的なエラーコードを返す代わりに、 自社のサーバの一つのアドレスを返すようにしたのです。 この変更は、ドメインネームシステムの安定性に関する懸念を引き起こしました。 2003年10月4日、VeriSignはこの変更を暫定的に停止しましたが、 この問題は未解決のままとなっています。

 セキュリティと安定性に関する諮問委員会では、事実関係の収集を行っており、 また、報告書を発表する予定です。 9月22日、当委員会は現状調査の第一段階として、 予備勧告を発表しました。 その後、意見・情報の募集を行い、 2003年10月7日(火)にワシントンD.C.において公開会合を開催しました。

 現在委員会は、2003年10月15日(水)に、 ワシントンD.C.において第二回会議の開催を予定しています。 開催時間および場所についての詳細は以下をご覧ください。

 委員会は本会議後ただちに、ICANN、技術コミュニティ、 および一般のインターネットコミュニティに対し、報告を行う予定です。

 当委員会では、ワイルドカード実施について、 セキュリティおよび安定性の観点から調査を行っていますが、ICANNにおいても、 より広範囲の問題について調査を行っています。 詳細情報については、 ICANNの「ワイルドカードに関するウェブページ」 をご覧ください。


会議アジェンダ

 本会議では、主としてVeriSignによる計画、データ収集、 および経験の分析に焦点を当てる予定です。 当委員会および一般の参加者による質疑のための時間も別途設定されています。

 本会議に先立ち、 背景資料のリストをご覧になることができます。


会議の詳細

2003年10月15日(水)午後1時~5時
(※日本時間10月16日(木)午前3時~7時)

Academy for Educational Development
Vista Room, 8th floor
1825 Connecticut Ave, NW
Washington, DC 20009

 現在、2003年10月15日の会議参加のための事前登録が可能です。

2003年10月7日開催会議のアーカイブ:

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.