メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Advisory
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2004年3月22日

この文書は2004年2月20日に公開された
http://www.icann.org/announcements/advisory-20feb04.htm
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


2004年2月20日

注意勧告
国際化ドメイン名(IDN):実装に関する最新情報

-- ICANNがIDN登録移転の仕組みを改善するための暫定手続を承認 --

 これは、.com、.net、 .orgにおいて国際化ドメイン名 (IDN)登録を保有している登録者への重要なお知らせです。 一部のICANN認定レジストラは、 もはやIDN登録のサポートおよび提供をしないと発表しています。 その場合、「テストベッド」ドメイン名は削除され、 登録者のものではなくなってしまいます。 国際化ドメイン名の保持を希望する場合は、 まず現在の登録先レジストラに問合せを行い、 そのレジストラがIDN登録のサポートを継続するのかどうか確認すべきです。 継続しない場合、IDN登録者は、 自身のドメイン名登録を別のレジストラに移転することをお勧めします。

 レジストラ間でのIDN登録移転プロセスにおいて支援を行うべく、 ICANNは2004年2月18日、暫定的な「IDN移転手続」を承認しました。 この手続は、.com、.net、 および.orgレジストリ運用者(VeriSignおよびPIR) によって実施されることになります。 この手続は、 IDNをサポートしていないレジストラからドメイン名が無事に移転されることを保証するものではありません。 各登録者は、 登録先レジストラに連絡を取り、 必要な場合、自身のドメイン名が確実に移転されるようにすべきです。

2004年2月20日:2004年2月18日、 ICANNは、レジストラ間で国際化ドメイン名(IDN)を移転する仕組みを改善するための暫定手続を承認しました。

「IDN移転手続」は、.com、.net、および.orgレジストリ運用者 (VeriSignおよびPIR)によって提案されたものです。 この暫定的IDN移転手続は、 現行レジストラがIDN登録のサポートを取りやめることを計画している場合、 登録者が自身のIDN登録を移転しやすくするために作られました。

 IDN登録者は、現在の登録先レジストラに連絡を取り、 自身のIDN登録が現在のレジストラによってサポートされるのかどうかを確認すべきです。 IDNをサポートしないレジストラは、 早ければ2004年2月28日にIDNドメイン名を削除することになります。

 VeriSignおよびPIRは、 IDN登録の暫定的移転手続を全レジストラに対して直接通知する予定です。 IDN登録に関する詳細および支援については、 ICANN認定レジストラにお問合せください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.