メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ICANN Nominating Committee Issues Formal Call for Recommendations and Statements of Interest
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2004年7月8日

この文書は2004年6月30日に公開された
http://www.icann.org/announcements/announcement-30jun04.htm
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


ICANN指名委員会が推薦および関心表明に対する
公式な呼びかけを発行

2004年6月30日

 ICANN指名委員会は、以下の役職に適任の候補者を探すために、 コミュニティより推薦および関心表明を募集する:

  • ICANN理事会メンバー 3名
  • 分野別ドメイン名支持組織(GNSO)評議会のメンバー 1名
  • 国別コードドメイン名支持組織(ccNSO)評議会のメンバー 3名
  • At-Large諮問委員会(ALAC)のメンバー 2名

 指名委員会によって選出された人々は、世界中から集まる熟達した同僚とともに働き、 非常に興味ある技術調整上の問題や、関連する政策策定上の課題とその多様な機能的、 文化的、地理的な特質に取組み、かつ知識、責任、 考え方の境界を越えた取組みを行うことによる貴重な見識および経験を得る、 というまたとない機会を得ることができる。

 さらに選出された人々は、 価値のある公共サービスに貢献することによる喜びを得るだろう。 広範な公共の利益をいかなる特定の利益よりも優先することにより、 彼らは非常に重要な社会機能としてのインターネットの安定および安全の保証を支援する。

 これらはボランティアの役職で、 任務を遂行する上で発生した直接的な費用は弁済されるが、報酬は支払われない。 これらの役職は、 電話およびインターネットでの定期的なコミュニケーションだけでなく、 定期的に行われるICANN会議への出席を含め、 海外への旅行がかなり発生するかもしれない。

 候補者は、ある程度においてインターネットに精通していることを含めて、 国際観とともに高レベルの資質および経験を持つ人物でなければならない。 また、ICANNの構成組織、 支持組織および諮問機関などの間での集団的意思決定プロセスに貢献する心の準備がなければならない。

 選定基準、資格、各役職の役割、申請手続、および連絡先は、 <http://www.icann.org/committees/nom-comm/formalcall-30jun04.htm>にて公開される。

 申請は機密扱いとされ、また、選考対象として十分に考慮されるために、 2004年8月7日12:00GMTまでに受領されなければならない。 選考は、2004年10月に行われ、12月より着任するものとする。

 質問もしくはコメントは、 <nomcom-comments@icann.org>まで電子メールを送信されたい。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.