メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Update Regarding .NET Selection Process
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2005年4月4日

この文書は2005年3月9日に公開された
http://www.icann.org/announcements/announcement-2-09mar05.htm
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。


.NET後継レジストリ選考プロセスに関する最新情報

2005年3月9日

 .NET後継レジストリ選考のために現在進行中のプロセスの進行状況に関する最新情報は以下のとおりである。

進行状況

 2004年12月10日、提案募集要綱が掲載され、 申請者による公開質問期間は2005年1月7日までとされた。 2005年1月20日、ICANNは、Aflilias、CORE++、DENIC、Sentan、 およびVeriSignの5つの組織より合計5件の申請を受領したと発表した。

 2005年2月7日、ICANNは、 申請に関する独立した評価を行なう組織としてTelcordia Technologies, Inc. と契約を結んだことを発表した。 Telcordiaはその作業において、 ICANNが招集したDNSの専門家からなる国際的なチームから助言を受けた。 また、ICANNはTelcordiaの発表と同時に、 「独立した評価者の中立性に関する注意書」を掲載し、 これは各申請者によって再検討された。

 Telcordiaは、独立した評価者に指名されて以来、 申請者の採点および評価などを行い、 各申請者に関するコメントおよび質問などを記した暫定報告書を完成させた。 また、各申請者の施設への訪問を行なっている。 募集要項に記載されたように、 各申請者に関する暫定報告書はそれぞれの申請者のみに公開され、 それぞれの申請者は、暫定報告書に対して書面により回答することが可能となる。

 評価者の最終報告書および順位付けは、 2005年3月28日にウェブサイトに掲載される予定となっている。 インターネットコミュニティが、報告書を見直し、 コメントを提出することを歓迎する。 ICANNは、1位となった申請者と迅速に交渉を開始し、 双方にとり受け入れ可能な契約の締結を目指す。 ICANNのレジストリ契約書案はICANNウェブサイト <http://www.icann.org/tlds/dotnet-reassignment/draft-net-agreement-9mar05.pdf> に掲載されている。

 .NET選考プロセスに関するさらなる情報については、 <http://www.icann.org/tlds/dotnet-reassignment/dotnet-general.htm> をご覧頂きたい。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.