メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

この文書はhttp://www.icann.org/announcements/announcement-25oct01.htmを翻訳したものです。JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。

auDAとのccTLD契約締結

 アメリカ合衆国カリフォルニア州、マリーナ・デル・レイ(2001年10月25日) -ICANNは本日付で、ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)運営者との初の正式契約の締結を発表した。この契約は、.au で終わるドメイン名の登録機関であるオーストラリアのccTLDレジストリを運営しているauDAと結んだものである。

 ICANN会長兼CEOのM.スチュアート・リン氏は次のように述べた。「オーストラリアがccTLDのなかで最初に契約を交わしたのは意外なことではありません。オーストラリアのインターネットコミュニティと豪州政府は長年にわたってICANNと強い関係を持ってきました。ロバート・エルツ氏の先駆的取り組みが少なからず貢献して、オーストラリアにはよく発達したインターネットコミュニティが形成されているのです。」メルボルン大学のエンジニアであるエルツ氏は、.auの創設以来このccTLDを管理している。今年の初め、.auはauDAに移管されるとの発表がされている。

 auDA - .au Domain Administration(.auドメイン管理)の略 - 1999年4月にオーストラリアのインターネットコミュニティによって設立された非営利法人である。豪州政府の監督のもと、auDAは.auドメイン名空間のための業界自主運営団体として活動し、オーストラリア・ドメイン名登録空間における競争の導入、.auドメイン名の政策の発展、そしてオーストラリア・ドメイン名紛争解決プロセス導入の責任を持つ。

 auDAのCEOであるクリス・ディスペイン氏は、「これはオーストラリアのインターネット・ユーザと世界のインターネット・コミュニティにとって大きな一歩となる出来事です。ICANNと契約を締結し、インターネットの世界的安定性の調整というICANNのより大きな任務に私どもも役割を果たせるのは、喜ばしいことだと思っています。」と述べた。

 オーストラリアはインターネット草創期からの参加国で、1970年代中頃のオーストラリア・コンピュータ・サイエンス・ネットワーク(ACSnet)から始まっている。1985年に南カリフォルニア大学情報科学研究所(当時は合衆国政府との契約に基づきIANAの機能を遂行)がインターネットのドメイン名システムの普及活動を始めてからまもなく、1986年3月に.auのccTLDがロバート・エルツ氏に委任されている。ロバート・エルツ氏は長い間オーストラリアにおけるインターネット発展のリーダーであり、.auのccTLD管理者として任命されてからはボランティアの立場で献身的に奉仕している。オーストラリアは2千万人近くの人口を有しているが、そのうち概算で800万人以上の人がインターネット・ユーザである。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.