メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

この文書は

http://www.icann.org/announcements/icann-pr10sep00.htm

を翻訳したものです。JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、 その品質に責任を負いません。


推薦期間終了・選挙キャンペーン開始2000年9月10日

推薦期間は終了しました。今後は選挙キャンペーン・意見交換期間がスタートしま す。

会員推薦期間が終了し、ICANN一般会員過程は次に選挙キャンペーン及び意見交 換期間に移行します。一般会員用のウェブサイトが更新され、各候補者の基本的な ウェブページ(各人の個人的ウェブサイトへのリンク含む)が特別企画として記載さ れています。ここには、現時点でのスケジュール、規則、良くある質問などが記述さ れており、質疑応答フォーラムは、候補者と一般会員間の公開の意見交換の場として 設けられています。なお、投票は10月1日から10日の間に行われます。

推薦過程の結果

推薦過程は2000年5月に開始されました。指名委員会が推薦と意思表明の公開呼びか けを行い、同時に選択基準も発表しました。その後2ヶ月間、指名委員会は全世界か ら400名を超える連絡を受け取り、7月31日に最終的に18名の候補者を採択しました。

8月1日に会員推薦期間が始まり、全161名が会員推薦の候補者として名乗りを挙げ ました。その内訳は、アフリカ3名、 アジア・太平洋地域24名、ヨーロッパ74名、 南米・カリブ諸国7名、北米53名です。15日より会員資格を有効化(activate)した 会員が各人の属する地域の候補者への支持表明が行われました。会員推薦に名を 連ねた各候補者は、ICANNのサイトに各自のウェブサイトが与えらました。(前述した ように、各人の個人ページへのリンク等)。

一般会員に候補者のサイトを閲覧してもらうために、ICANNは会員資格を有効化して いる会員向けに週毎にリマインダー電子メールを発行しました(全4通)。その他 ICANNはまだ会員資格を有効化していない登録者に会員資格を有効化し、今年の 選挙過程に参加するよう呼びかけました。候補者のウェブページとリマインダーメー ル を通してのコミュニケーション方策は、会員へ定期的に催促を行い、選挙過程へ参加 してもらうことが目的でした。更に、(1)全候補者に公平な条件でコミュニケーショ ンの向上を図ったこと、(2) 候補者に対する一般会員の個人情報(メールアドレス 等)公開の防止、(3)多数の候補者からの一方的なおびただしい数のメールの氾濫回 避、(4)財源のある候補者の通信面での有利さを最小限に抑える努力、などを実施し ました。

会員推薦されるには、候補者はオンライン支持表明により各人の属する地域の(会員 資格を有効化した)会員総数の2%、または、20名以上(どちらか多数の方)、更に 地域内の2国以上からの支持を受けなければならなず、会員推薦される数は各地域最 高で7名までとなっていました。

全候補者のリストは以下の通りです

  • アフリカ
    • Calvin Browne
    • Alan Levin
    • Nii Quaynor
  • アジア・太平洋
    • Johannes Chiang
    • Lulin Gao
    • Masanobu Katoh
    • Hong Jie Li
    • Sureswaran Ramadass
  • ヨーロッパ
    • Maria Livanos Cattaui
    • Alf Hansen
    • Jeanette Hofmann
    • Andy Mueller-Maguhn
    • Olivier Muron
    • Oliver Popov
    • Winfried Schuller
  • 南米・カリブ諸国
    • Raul Echeberria
    • Ivan Moura Campos
    • Aluisio S. Nunes
    • Patricio Poblete
    • Claudio Silva Menezes
  • 北米
    • Karl Auerbach
    • Lyman Chapin
    • Donald Langenberg
    • Lawrence Lessig
    • Harris Miller
    • Barbara Simons
    • Emerson Tiller

候補者に関する情報は、以下のサイトをご参照ください。 http://members.icann.org/nominees.html

会員登録方法の大まかな過程は以下の通りです

2000年2月25日に始まった会員登録期間は、当初5,000~10,000の会員取得を目標とし ていました。7月31日の登録受付け締切り日には、158,000超の登録が行われました。 登録希望者は、氏名、 有効な電子メールアドレス、有効な住所を提示を求められ、その後、照合目的のた め、登録希望者には会員番号、パスワードが電子メールで送られ、PIN番号が郵送さ れました。会員資格を有効化させるには、先に述べたICANNから取得した各番号を入 力する必要がありました。9月8日の最終登録までに76,000人を超える会員が資格を有 効化し、当初少なくとも5,000人程度の会員参加を予測していた本プログラムにとっ ては、驚くべき成果を収めたと言えます。

関連サイト

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.