メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
RFC2375-JP.txt 2000/09/27 (initial version)
(C)JPNIC RFC-JP project, 2000. All rights reserved.

Network Working Group                                         R. Hinden
Request for Comments: 2375                             Ipsilon Networks
Category: Informational                                      S. Deering
                                                                  Cisco
                                                              July 1998

                   IPv6マルチキャストアドレスの割り当て

本文書の位置づけ

   本文書はインターネットコミュニティーに対して情報を提供する。本文書
   はいかなる種類のインターネット標準も定義していない。本文書の配布は
   制限されない。

著作権表示

   Copyright (C) The Internet Society (1998).  All Rights Reserved.

1.0 はじめに

   本文書は、IPv6マルチキャストアドレスの初期割り当てを定義している。
   本定義は「IP Version 6 Addressing Architecture」[ADDARCH]および
   <ftp://venera.isi.edu/in-notes/iana/assignments/multicast-addresses>
   における現時点でのIPv4マルチキャストアドレス割り当てを元にしており、
   IPv4での割り当てを、関連したIPv6の割り当てに対応づけている。IPv4で
   の割り当てのうち、IPv6での割り当てに関連ない項目については変換して
   いない。この変換に関しての批評をお願いする。

   ここで定義されている以外のIPv6マルチキャストアドレスはすべて予約さ
   れている。

   IPv6マルチキャストアドレスの中で予約および事前割り当てされたアドレ
   スを2章および3章で列記する。

   [ADDRARCH]では新しいIPv6マルチキャストアドレスを割り当てるための規
   則を定義している。

   本文書中の"…しなければならない(MUST)"、"…してはならない(MUST
   NOT)"、"要求される(REQUIRED)"、"…すべきである(SHALL)"、"…すべきで
   はない(SHALL NOT)"、"…したほうがよい(SHOULD)"、"…しないほうがよい
   (SHOULD NOT)"、"推奨される(RECOMMENDED)"、"してもよい(MAY)"、"オプ
   ションである(OPTIONAL)"は[RFC 2119]に記述されているとおりに解釈する
   こと。

2. 固定スコープ・マルチキャストアドレス

   以下に永久的に割り当てられるマルチキャストアドレスを示す。これらは、
   指定されているスコープの範囲内でのみ有効である。








Hinden & Deering             Informational                      [Page 1]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


2.1 ノードローカル・スコープ

   FF01:0:0:0:0:0:0:1     全ノードアドレス                   [ADDARCH]
   FF01:0:0:0:0:0:0:2     全ルータアドレス                   [ADDARCH]

2.2 リンクローカル・スコープ

   FF02:0:0:0:0:0:0:1     全ノードアドレス                   [ADDARCH]
   FF02:0:0:0:0:0:0:2     全ルータアドレス                   [ADDARCH]
   FF02:0:0:0:0:0:0:3     未割り当て                             [JBP]
   FF02:0:0:0:0:0:0:4     DVMRPルータ                    [RFC1075,JBP]
   FF02:0:0:0:0:0:0:5     OSPFIGP                        [RFC2328,Moy]
   FF02:0:0:0:0:0:0:6     OSPFIGP指定ルータ              [RFC2328,Moy]
   FF02:0:0:0:0:0:0:7     STルータ                      [RFC1190,KS14]
   FF02:0:0:0:0:0:0:8     STホスト                      [RFC1190,KS14]
   FF02:0:0:0:0:0:0:9     RIPルータ                          [RFC2080]
   FF02:0:0:0:0:0:0:A     EIGRPルータ                      [Farinacci]
   FF02:0:0:0:0:0:0:B     移動エージェント              [Bill Simpson]

   FF02:0:0:0:0:0:0:D     全PIMルータ                 [Farinacci]
   FF02:0:0:0:0:0:0:E     RSVPカプセル化                      [Braden]

   FF02:0:0:0:0:0:1:1     リンク名                        [Harrington]
   FF02:0:0:0:0:0:1:2     全DHCPエージェント           [Bound,Perkins]

   FF02:0:0:0:0:1:FFXX:XXXX     要請ノードアドレス           [ADDARCH]

2.3 サイトローカル・スコープ

   FF05:0:0:0:0:0:0:2       全ルータアドレス                 [ADDARCH]

   FF05:0:0:0:0:0:1:3       全dhcpサーバ               [Bound,Perkins]
   FF05:0:0:0:0:0:1:4       全dhcp中継                 [Bound,Perkins]
   FF05:0:0:0:0:0:1:1000    サービス位置                     [RFC2165]
    -FF05:0:0:0:0:0:1:13FF

3.0 全スコープ・マルチキャストアドレス

   以下の永久的に割り当てられるマルチキャストアドレスはすべてのスコー
   プ範囲を通して有効である。ここでのアドレス中のスコープフィールド内
   の「X」は任意な「有効なスコープ値」を意味している。

   [ADDARCH]で定義されているとおり、スコープだけが異なるIPv6マルチキャ
   ストアドレスは異なったグループを表現することに注意してほしい。それ
   ぞれのノードは各グループに個別に参加しなければならない(must)。

   有効なスコープを持つIPv6マルチキャストアドレスを以下に示す。





Hinden & Deering             Informational                      [Page 2]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


   FF0X:0:0:0:0:0:0:0     マルチキャストアドレス(予約)       [ADDARCH]

   FF0X:0:0:0:0:0:0:100   VMTP管理者グループ            [RFC1045,DRC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:101   NTP(Network Time Protocol)    [RFC1119,DLM1]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:102   SGI-Dogfight                           [AXC]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:103   Rwhod                                  [SXD]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:104   VNP                                   [DRC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:105   Artifial Horizons - Aviator            [BXF]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:106   NSS - 名前サービスサーバ              [BXS2]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:107   AUDIONEWS - 音声ニュースマルチキャスト[MXF2]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:108   SUN NIS+ 情報サービス                 [CXM3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:109   MTP(マルチキャスト転送プロトコル)      [SXA]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10A   IETF-1-LOW-AUDIO                       [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10B   IETF-1-AUDIO                           [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10C   IETF-1-VIDEO                           [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10D   IETF-2-LOW-AUDIO                       [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10E   IETF-2-AUDIO                           [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:10F   IETF-2-VIDEO                           [SC3]

   FF0X:0:0:0:0:0:0:110   MUSIC-SERVICE             [Guido van Rossum]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:111   SEANET-TELEMETRY             [Andrew Maffei]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:112   SEANET-IMAGE                 [Andrew Maffei]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:113   MLOADD                              [Braden]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:114   プライベートな実験向けアドレス         [JBP]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:115   MOSPF上のDVMRP                         [Moy]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:116   SVRLOC                            [Veizades]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:117   XINGTV                      <hgxing@aol.com>
   FF0X:0:0:0:0:0:0:118   microsoft-ds         <arnoldm@microsoft.com>
   FF0X:0:0:0:0:0:0:119   nbc-pro           <bloomer@birch.crd.ge.com>
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11A   nbc-pfn           <bloomer@birch.crd.ge.com>
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11B   lmsc-calren-1                         [Uang]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11C   lmsc-calren-2                         [Uang]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11D   lmsc-calren-3                         [Uang]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11E   lmsc-calren-4                         [Uang]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:11F   ampr-info                          [Janssen]

   FF0X:0:0:0:0:0:0:120   mtrace                              [Casner]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:121   RSVP-encap-1                        [Braden]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:122   RSVP-encap-2                        [Braden]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:123   SVRLOC-DA                         [Veizades]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:124   rln-server                            [Kean]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:125   proshare-mc                          [Lewis]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:126   dantz                               [Yackle]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:127   cisco-rp-announce                [Farinacci]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:128   cisco-rp-discovery               [Farinacci]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:129   gatekeeper                            [Toga]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:12A   iberiagames                        [Marocho]





Hinden & Deering             Informational                      [Page 3]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


   FF0X:0:0:0:0:0:0:201  "rwho"グループ(BSD) (非公認)            [JBP]
   FF0X:0:0:0:0:0:0:202   SUN RPC PMAPPROC_CALLIT               [BXE1]

   FF0X:0:0:0:0:0:2:0000
    -FF0X:0:0:0:0:0:2:7FFD  マルチメディア会議呼び出し           [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:2:7FFE    SAPv1通知                            [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:2:7FFF    SAPv0通知(反対)                      [SC3]
   FF0X:0:0:0:0:0:2:8000
    -FF0X:0:0:0:0:0:2:FFFF  SAP動的割り当て                      [SC3]

5.0 参考文献

   [ADDARCH] Hinden, R., and S. Deering, "IP Version 6 Addressing
             Architecture", RFC 2373, July 1998.

   [AUTORFC] Thompson, S., and T. Narten, "IPv6 Stateless Address
             Autoconfiguration", RFC 1971, August 1996.

   [ETHER]   Crawford, M., "Transmission of IPv6 Packets over Ethernet
             Networks", Work in Progress.

   [RFC1045] Cheriton, D., "VMTP: Versatile Message Transaction Protocol
             Specification", RFC 1045, February 1988.

   [RFC1075] Waitzman, D., Partridge, C., and S. Deering, "Distance
             Vector Multicast Routing Protocol", RFC 1075, November
             1988.

   [RFC1112] Deering, S., "Host Extensions for IP Multicasting", STD 5,
             RFC 1112, Stanford University, August 1989.

   [RFC1119] Mills, D., "Network Time Protocol (Version 1),
             Specification and Implementation", STD 12, RFC 1119, July
             1988.

   [RFC1190] Topolcic, C., Editor, "Experimental Internet Stream
             Protocol, Version 2 (ST-II)", RFC 1190, October 1990.

   [RFC2080] Malkin, G., and R. Minnear, "RIPng for IPv6", RFC 2080,
             January 1997.

   [RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate
             Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

   [RFC2165] Veizades, J., Guttman, E., Perkins, C., and S. Kaplan
             "Service Location Protocol", RFC 2165 June 1997.

   [RFC2328] Moy, J., "OSPF Version 2", STD 54, RFC 2328, April 1998.



Hinden & Deering             Informational                      [Page 4]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


6. 人物

   <arnoldm@microsoft.com>

   [AXC] Andrew Cherenson <arc@SGI.COM>

   [Braden] Bob Braden, <braden@isi.edu>, April 1996.

   [Bob Brenner]

   [Bressler] David J. Bressler, <bressler@tss.com>, April 1996.

   <bloomer@birch.crd.ge.com>

   [Bound] Jim Bound <bound@zk3.dec.com>

   [BXE1] Brendan Eic <brendan@illyria.wpd.sgi.com>

   [BXF] Bruce Factor <ahi!bigapple!bruce@uunet.UU.NET>

   [BXS2] Bill Schilit <schilit@parc.xerox.com>

   [Casner] Steve Casner, <casner@isi.edu>, January 1995.

   [CXM3] Chuck McManis <cmcmanis@sun.com>

   [Tim Clark]

   [DLM1] David Mills <Mills@HUEY.UDEL.EDU>

   [DRC3] Dave Cheriton <cheriton@PESCADERO.STANFORD.EDU>

   [DXS3] Daniel Steinber <Daniel.Steinberg@Eng.Sun.COM>

   [Farinacci] Dino Farinacci, <dino@cisco.com>

   [GSM11] Gary S. Malkin <GMALKIN@XYLOGICS.COM>

   [Harrington] Dan Harrington, <dan@lucent.com>, July 1996.

   <hgxing@aol.com>

   [IANA] IANA <iana@iana.org>

   [Janssen] Rob Janssen, <rob@pe1chl.ampr.org>, January 1995.

   [JBP] Jon Postel <postel@isi.edu>





Hinden & Deering             Informational                      [Page 5]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998

   [JXM1] Jim Miner <miner@star.com>

   [Kean] Brian Kean, <bkean@dca.com>, August 1995.

   [KS14] <mystery contact>

   [Lee] Choon Lee, <cwl@nsd.3com.com>, April 1996.

   [Lewis] Mark Lewis, <Mark_Lewis@ccm.jf.intel.com>, October 1995.

   [Malamud] Carl Malamud, <carl@radio.com>, January 1996.

   [Andrew Maffei]

   [Marohco] Jose Luis Marocho, <73374.313@compuserve.com>, July 1996.

   [Moy] John Moy <jmoy@casc.com>

   [MXF2] Martin Forssen <maf@dtek.chalmers.se>

   [Perkins] Charlie Perkins, <cperkins@corp.sun.com>

   [Guido van Rossum]

   [SC3] Steve Casner <casner@isi.edu>

   [Simpson] Bill Simpson <bill.simpson@um.cc.umich.edu> November 1994.

   [Joel Snyder]

   [SXA] Susie Armstrong <Armstrong.wbst128@XEROX.COM>

   [SXD] Steve Deering <deering@PARC.XEROX.COM>

   [tynan] Dermot Tynan, <dtynan@claddagh.ie>, August 1995.

   [Toga] Jim Toga, <jtoga@ibeam.jf.intel.com>, May 1996.

   [Uang] Yea Uang <uang@force.decnet.lockheed.com> November 1994.

   [Veizades] John Veizades,  <veizades@tgv.com>, May 1995.

   [Yackle] Dotty Yackle, <ditty_yackle@dantz.com>, February 1996.









Hinden & Deering             Informational                      [Page 6]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


7.0 セキュリティに関する考察

   本文書ではIPv6マルチキャストアドレスの初期割り当てを定義している。
   このように本文書はインターネットのインフラストラクチャまたはインター
   ネットのアプリケーションに直接影響を与えることはない。

8.0 著者の連絡先

   Robert M. Hinden
   Ipsilon Networks, Inc.
   232 Java Drive
   Sunnyvale, CA 94089
   USA

   Phone: +1 415 990 2004
   EMail: hinden@ipsilon.com


   Stephen E. Deering
   Cisco Systems, Inc.
   170 West Tasman Drive
   San Jose, CA 95134-1706
   USA

   Phone: +1 408 527-8213
   EMail: deering@cisco.com

























Hinden & Deering             Informational                      [Page 7]

RFC 2375           IPv6 Multicast Address Assignments          July 1998


9.0 完全な著作権表示

   Copyright (C) The Internet Society (1998).  All Rights Reserved.

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

   Copyright (C) The Internet Society (1998).  All Rights Reserved.


   本記述とその翻訳は複写し他に提供することができる。また論評を加えた
   派生的製品や、この文書を説明したり、その実装を補助するもので、上記
   の著作権表示およびこの節を付加するものはすべて、全体であってもその
   一部であっても、いっさいの制約を課されること無く、準備、複製、発表、
   配布することができる。しかし、この文書自体にはいかなる方法にせよ、
   著作権表示やインターネットソサエティもしくは他のインターネット関連
   団体への参照を取り除くなどの変更を加えてはならない。インターネット
   標準を開発するために必要な場合は例外とされるが、その場合はインター
   ネット標準化過程で定義されている著作権のための手続きに従わなければ
   ならない。またRFCを英語以外の言語に翻訳する必要がある場合も例外であ
   る。

   以上に述べられた制限は永久的なものであり、インターネットソサエティ
   もしくはその継承者および譲渡者によって破棄されることはない。

   本文書とここに含まれた情報は「無保証(AS IS)」で提供され、インターネッ
   トソサエティおよびIETFは、この情報がいかなる権利も侵害していないと
   いう保証、商用利用および特定目的への適合性への保証を含め、また、こ
   れらだけに限らずすべての保証について、明示的もしくは暗黙的の保証は
   行われない。

Hinden & Deering             Informational                      [Page 8]

  RFC-JP日本語翻訳物の著作権に関する告知

  本文書は、インターネット技術の正しい普及と振興を目的として、社団法人
  日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が行っているRFC翻訳
  プロジェクト(RFC-JP)の成果物である。rfc-copyright-storyに従い、
  RFC2220以降のものについては“Full Copyright Statement”を含め、
  RFC2219以前のものについては原著者の了解を得て翻訳している。これによ
  り作成された二次的著作物である本文書の著作権はJPNICが保持するが、こ
  の権利の設定は原文から新たな翻訳を作成し公開することを妨げるものでは
  ない。

  また、RFC-JPとしてこの文書に記載された情報の内容が正確であることに努
  めているが、正確性を含めいっさいの品質についてこれを保証するものでは
  ない。したがって、この文書に記載された情報に基づいて貴方あるいは貴組
  織がとられた行動によって引き起こされる結果に対して、JPNICは何ら保証
  を与えない。

  本文書は、本著作権表示を含めて改変しないことを条件に再配布を許可する。
  ただし日本語訳は固定ではなく、誤りの発見や正確性の向上のために必要に
  応じて適宜更新される可能性がある。常に最新の版を入手するようにしてい
  ただきたい。最新版は<URL:http://rfc-jp.nic.ad.jp/>から入手できる。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ