メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)の設立

設立趣意  日本において、計算機ネットワークに必要なネットワークアドレスなど
        の共有資源の割当や管理は、従来特定のボランタリーグループが行なって
        きました。しかしながら、計算機ネットワークの急速な発展により割当・
        管理の量が膨大になり、そのようなボランタリーグループの作業に遅延が
        生じ、健全な計算機ネットワークの発展を阻害することも起こりはじめま
        した。また、計算機ネットワークの種類も多岐に渡り、計算機関係以外の
        分野の研究者にも利用されるようになってくるに従って、参加方法などの
        一般的な問い合わせ窓口となる機関の必要性も増してきています。
          そこで、1991年12月からこれまでの各ネットワーク組織の有志によるボ
        ランタリーな体制から、各ネットワークプロジェクトの協力による公平で
        迅速な処理を目的とした体制に脱皮すべく、研究ネットワーク連合委員会
        (JCRN)の下で、日本ネットワークインフォメーションセンター(JNIC)を発
        足させ、約1年半の間、活動を続けてまいりました。その結果、ネットワ
        ークアドレスの割当や管理およびネットワーク情報の提供の仕組みと仕事
        量の見積りなどができ、また不完全ながらサービスとしても利用されてき
        ました。しかし、組織的な基盤、特に財政的な基盤を改善することがまま
        ならず、計算機ネットワークの発展を支えるために充分な体制の確立や、
        今後期待される商用インターネットへの対応などが困難な状況にあります。
          このような状況を踏まえ、日本ネットワークインフォメーションセンタ
        ーを独立した団体として新たに設立し、計算機ネットワークに関わる多く
        の団体の協力支援の下で、計算機ネットワークの発展に寄与して行きたい
        と考えておりますので、これに御賛同頂きたく存じます。なお、新生日本
        ネットワークインフォメーションセンターは、他の国々との関係から、略
        称をJPNICと致します。

規  程  別添日本ネットワークインフォメーションセンター規程に定めるところに
        より、任意団体として本センターを設立致しました。

事務局  本センターの事務局を〒113 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学大型計算
        機センター内に置きます。

設立年月日  平成5年3月10日


発  起  人  (五十音順)

氏 名                   所 属

浅野 正一郎             学術情報センター
石田 晴久               東京大学大型計算機センター
牛島 和夫               九州大学工学部情報工学科
小柳 義夫               東京大学理学部情報科学科
釜江 常好               東京大学理学部物理学科
苅田 幸雄               高エネルギー物理学研究所データ処理センター
高田 広章               東京大学理学部情報科学科
野口 正一               東北大学応用情報学研究センター
東田 幸樹               東京理科大学情報処理センター
平原 正樹               東京大学情報ネットワークシステム運用センター
村井 純                 慶応義塾大学環境情報学部
森  瑞穂                東京理科大学情報処理センター
吉村 伸                 株式会社インターネットイニシアティブ
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ